2021年01月18日

世界水準の英会話最速英語脳構築プログラム その1 (英語で) 二日酔いよ


実は、私は年末12月31日の夜中にと突然呼吸困難になって、救急車で病院に運ばれました。
集中治療室に入れられ、例の「人工呼吸器」のお世話になりました。
お陰様で、この世に戻ってきて今では散歩もできるようになりました。
新年早々、ブログも公開できなくご心配をお掛けしてご心配をおかけしましたこと、深くおわびします、
早速英語の話ですが、入院中NHKのBS放送の英会話講座を見て、ショックを受けました。

まだこんなことをやってるのか、という驚きです
「私は二日酔いです」は、
I have a hangover. だ、それを丸暗記しろ、というわけです。
それをネイティブスピーカのようなヂェスチャーをさせて、何度も繰り返させる。
NHKと文部科学省は、日本人に英語を話せないようにしてるとして私には思えない。
皆さんは、どう思いまいか?

今回も、できるだけ「英語読み上げ」サーピスを使っての配信となります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓の表示している英文をそのままコビペしてください。
もちろん無料です。
あるいは、お持ちの英文読み上げ英文読み上げソフトでも。
英語脳の定着を実感していただきたい、

https://ttsreader.com/ja

=============================
【これが国際標準の英会話学習法だ!】 
[英会話発想トレーニング] 
【be動詞フレーズ5段活用】 [表現の枠組み]
  be hungover   二日酔いよ
=============================  
 (1) (am, are, is) hungover   現在形動詞フレーズ 
 (2) (was, were) hungover   過去形動詞フレーズ
 (3) be hungover       原形動詞フレーズ
   ※命令形,助動詞、to不定詞で使われる。
 (4) being hungover     ing形動詞フレーズ
   ※原則として進行形はなく、動名詞で使われる。
 (5) been hungover     ed形動詞フレーズ 
   ※完了形で使われる。 
=============================

[SECTION 1 客観表現・基本4時制の展開]
(現在形)※現在の事実・習慣
 (1) 私、(今、ふだん)二日酔い
  → I’m hungover.
 (2) 私、二日酔いじゃない
  → I’m not hungover.
 (3) あなた、二日酔いなの?
  → Are you hungover?
 (4) あなた、二日酔いじゃないの?
  → Aren’t you hungover?
 (5) あなた、どうして二日酔いなの?
  → Why are you hungover?
(過去形) ※過去の事実
 (1) 私、(その時)二日酔いだったよ
  → I was hungover.
 (2) 私、二日酔いじゃなかった
  → I wasn’t hungover.
 (3) あなた、二日酔いだったの?
  → Were you hungover?
 (4) あなた、二日酔いじゃなかったの?
  → Weren’t you hungover?
 (5) あなた、どうして二日酔い だったの?
  → Why were you hungover?
(未来形) ※未来の事実
 (1) 私、(これから)二日酔いになるよ
  → I’ll be hungover.
 (2) 私、二日酔いにならない
  → I won’t be hungover.
 (3) あなた、二日酔いになるの?
  → Will you be hungover?
 (4) あなた、二日酔いならないの?
  → Won’t you be hungover?
 (5) あなた、どうして二日酔いなるの?
  → Why will you be hungover?
(現在完了形) ※過去を背負った現在の付帯状況 「継続用法」
 (1) 私、ずっと二日酔いだった
  → I have been hungover.
 (2) 私、二日酔いじゃない
  → I haven’t been hungover.
 (3) あなた、二日酔いだったの?
  → Have you been hungover?
 (4) あなた、二日酔いじゃなかたの?
  → Haven’t you been hungover?
 (5) あなた、どうして二日酔いだったの?
  → Why have you been hungover?

https://ttsreader.com/ja
コピペしてください、
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Function Method
present tense
(1) I’m hungover.
(2) I’m not hungover.
(3) Are you hungover?
(4) Aren’t you hungover?
(5) Why are you hungover?

Past tense
(1) I was hungover.
(2) I wasn’t hungover.
(3) Were you hungover?
(4) Weren’t you hungover?
(5) Why were you hungover?

Future tense 
(1) I’ll be hungover.
(2) I won’t be hungover.
(3) Will you be hungover?
(4) Won’t you be hungover?
(5) Why will you be hungover?

Present perfect tense
(1) I have been hungover.
(2) I haven’t been hungover.
(3) Have you been hungover?
(4) Haven’t you been hungover?
(5) Why have you been hungover?
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

[SECTION 2]  
  副詞のファンクションフレーズ 
(1) 私、おそらく二日酔い
  → I am probably hungover.
[SECTION 3]  以下情緒表現
(情緒動詞(助動詞)によるファンクションフレーズ)
 (1) 私、二日酔いかもよ  ※「推測」
  → I may be hungover.
 (2) 私、二日酔いはずよの   ※「可能性」
  → I can be hungover.
[SECTION 4]
(be動詞によるファンクションフレーズ)
 (1) 私、 二日酔いになりそうよ ※「進行」
  → I am going to be hungover.
 (2) 私、きっと二日酔いなるよ  ※「確信」
  → I am sure to be hungover.
[SECTION 5]
(一般動詞によるファンクションフレーズ)
 (1) 私、二日酔いになリたくないよ  ※「希望
  → I don’t want to be hungover.
 (2) 私、二日酔いのよう、思うよ   ※「推測
  → I seem to be hungover.
[SECTION 6]
  助動詞+have+過去形動詞フレーズ 
 (1) (今考えて見ると)私、 二日酔いになりそうだったよ
  → I would have been hungover.
 (2) 私、 二日酔いになったかもしれないよ
  → I might have been hungover.

[SECTION 7] 
(ing形動詞フレーズを使った表現 動名詞)
 (1) 私、 二日酔いになるのは嫌よ
  → I don’t like being hungover.
 (2) 私、 二日酔いの感じがするよ
  → I feel like being hungover.

https://ttsreader.com/ja
コピペしてください、

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Function Method
emotional expression
[SECTION 2]
(1) I am probably hungover.
[SECTION 3
(1) I may be hungover.
(2) I can be hungover.
SECTION 4
(1) I am going to be hungover.
(2) I am sure to be hungover.
SECTION 5
(1) I don’t want to be hungover.
(2) I seem to be hungover.
SECTION 6
(1) I would have been hungover.
(2) I might have been hungover.
SECTION 7] 
(1) I don’t like being hungover.
(2) I feel like being hungover.
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

【参考 U-Tube動画】
◉英語の設計図を解読すると
たった16の動詞で自由に英語が話せる
瞬間英作
音読トレーニング
https://youtu.be/nyT7NscBIuA

◉英会話語彙力増強「英会話必須基本16動詞 HTML
https://youtu.be/nHZ6OPfkB9s



英語は、be動詞系列と一般動詞系列のたった二つで成り立っている。とてもシンプルな仕組みをしている。だから日本人以外はハイスクールを終えるとそこそこ英語が話せる。
一方日本人は、受験エリートでも英語が話せないのが現実だ。
どうしてそんな現実を招いている元凶は文科省の教育文法だ。

本教材は、日本の教育文法教育文法の「仕組みの見える化」を目的とするものではありません。世界標準の英語発想「見える化」に成功した教材です。
どうして日本人ぱ3年も6年、あるいは10年かけても英語が話せない英語が話せないのか、そのワケを「見える化」したものです。

●日本以外の人たちは、動詞をフレーズ(意味ある単位)として捉え、それを元にした表現展開を学ぶのが英語学習を学んでいる。
一言で言うと、いくら英語学習を英語学習をしても、英語が言葉として蓄積しないということだ。つまり教育文法は動詞単体の変化ばかりを教えるでしかないと言うことだ。

===================

以下のアドレスから世界標準の瞬間英作トレーニング教材サンプル(PDF)が入手できます。もちろん無料です。
「犬をを外に出してやってやる」
「猫をを追い出すよ」
「ギガ宅急便」を利用しています。様々な広告がありますが、ブルー色の項目にあるFILE: まとめてダウンロードURLの「ダウンロード 開始」をクリックするダウンが始まります。

ZIPファイル名: 世界標準の瞬間英作トレーニングサンプル.zip
まとめてダウンロードURL

https://31.gigafile.nu/0213-b1c9934409cb7b9eb10e4f4907d9a22ff

なお以上の教材は、著作権フリーです。ご友人など、英会話学習に興味をある方に以上の教材入手アドレスをメールなどで知らせることが可能です

世界標準の瞬間英作トレーニングの製品版を体験していただくために以下の以下のベージを用意しました(もちろん無料) 是非訪問してくだい。
世界標準の瞬間英作トレーニング サンプル(一般動詞系列の英語脳) (英語で)ステイホーム stay home
https://blog.goo.ne.jp/english-info/e/9865410928d75e26e14e2c5794c3f11a

世界標準の瞬間英作トレーニング サンプル(be動詞系列の英語脳」英語脳) (英語で)家にいなさい!
https://blog.goo.ne.jp/english-info/e/2355577d7784dfc931a305fb133085f4

BASE
では、ご購入と同時に自動的に教材がダウンロードされます。
各種カードや多数の決済が可能です。
Click!ファンクションメソッド英語研究会

【世界標準の瞬間英作トレーニング第1回本 目次】
be動詞系列の表現

No.1 be cold 「寒いよ」    補語 形容詞 人主語
No.2 be very good 「とても美味しいよ」 補語 形容詞 もの主語
No.3 be angry 「怒っている」 補語 形容詞 人主語
No.4 be free 「暇よ、フリーよ 」 補語 形容詞 人主語
No.5 be busy 「忙しいよ 」   補語 形容詞 人主語
No.6 be tired 「疲れてるよ」  補語 形容詞 人主語
No.7 be a supporter 「サポーターよ」 補語 名詞 人主語
No.8 be here 「ここにいるよ」 補語 方位副詞 人主語
No.9 be under control 「コントロールされてるよ」 補語 前置詞+名詞 もの主語
No.10 be on a diet 「ダイエットしてるよ」 補語 前置詞+名詞 人主語
No.11 be stolen 「(自転車などが)盗まれてるよ」
     補語 ed形動詞フレーズ  もの主語 ※受身形
No.12 be married 「結婚してるよ 」
     補語 ed形動詞フレーズ  人主語※受身形
No.13 be scolded by mother 「ママに叱られるよ」
     補語 ed形動詞フレーズ  人主語 ※受身形
No.14 be jogging 「ジョギングしてるよ」
     補語 ing形動詞フレーズ  人主語 ※進行形
No.15 be living in Tokyo 「東京に住んでるよ」
     補語 ing形動詞フレーズ  人主語 ※進行形

一般動詞系列の表現
No.16 recover (事業なとが)リカバーする」 もの主語
No.17 occur 「(地震なとが)起こるよ 」 もの主語
No.18 rain a lot 「たくさん雨が降るよ」 もの主語
No. 19 come true 「(夢や願いが)叶うよ」 もの主語
No.20 respect her 「彼女をリスベクトするよ」 人主語
No.21 stay hereここにいるよ 、留まるよ 」 人主語
No.22 do volunteer work 「ボランティアをするよ 」 人主語
No.23 do it oneself 「自分でそれをするよ」 人主語
No.24 have a headache 「頭が痛いよ、頭痛がしてるよ」 人主語
No.25 get a cold 「風邪をひくよ」 人主語
No.26 go there 「そこに行くよ」 人主語
No.27 come here 「ここに来るよ」 人主語
No. 28 have a good time 「楽しく過ごすよ」 人主語
No.29 eat out 「外食するよ 、外で食べるよ 」  人主語
No.30 go to eat 「食べに行くよ」 人主語
====================================



ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料

今なら、受講料は4,800円で受講ができます。
●九九のように覚える英会話 1--37分52秒 教材教材の一部を体験してください。
U-Tube 限定公開と限定公開動画です。

https://youtu.be/0MOhOHRXS98



中嶋太一郎 ツイッター
https://twitter.com/cominica

Utube動画




スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 12:55 | Comment(0) | ファンクションメソッド英語・英会話学習教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

世界水準の英会話最速英語脳構築プログラム その2 (英語で) 二日酔いになりそうよ


今回も、前回の続きてす。
何度も繰り返し述べてきましが、日本の英語、英会話教育は明治時代の「英文読解式」をそのままのようなものです。
今、受験シーズンですが、受験エリートでさえ英語が話せないのはよく知られています。
英語で高得点を獲得した東大卒の高級官僚でもろくに英語が話せない。
あるいは英語の試験で高得点を取って英語教師になった先生でさえさほど英語が話せない。
一方、英語は国際語になり、かつて日本だった韓国や台湾の人たちは、TOEICやTOEFL試験では日本よりも遥か上位位置にいます。つまり私たち日本人だけが、英語や英会話において、明治時代に取り残されいる状況です。

さて前回の[英会話発想トレーニング] 「 be hungover 「二日酔いよ」 のトレーニングを体験されたでしょうか?
これは、どうして英語が「国際語」となっているのか簡単にわかると思います。
英語はとてもシンプルな言語なのです。
私は、今までFunctjon in  Englishという英語の捉え方で、市販の本や独自の教材を製作指摘また。
つまり、「英語における機能」ということすが、簡単に言うと、英語はファンクションフレーズと補語・動詞フレーズとの順列・組み合わせで成り立っているということです。
今回のbe hungover 「二日酔いよ」は、be動詞系列の文の展開です、
ちなみに次回は一般動詞系列
I have a hangover. をとりげる予定です。

今回の世界水準の英会話最速英語脳構築プログラムで、具体的に説明ましょう。
[SECTION 1 客観表現・基本4時制の展開]
(現在形)※現在の事実・習慣
I'm は amというファンクションフレーズで「現在の存在」を宣言します。
そしてhungoverという補語を導きます。
I'n not, Are you 、Aren't you といった否定や疑問、否定疑問も同様です。

(過去形) ※過去の事実
I wasはファンクションフレーズで「過去の存在」を宣言します。
そしてhungoverという補語を導きます。
I was, Were you 、Wen't you といった否定や疑問、否定疑問も同様です。

(未来形) ※未来の事実
I willはファンクションフレーズで「未来の存在」を宣言します。
但し、be hungoverというフレーズを導きます。
I will, Will you 、Won't you といった否定や疑問、否定疑問も同様です。

(現在完了形) ※過去を背負った現在の付帯状況 「継続用法」
I haveはファンクションフレーズで「現在の付帯状況」を宣言します。
但し、ben e hungoverというフレーズを導きます。
I have, Have you 、haven't you といった否定や疑問、否定疑問も同様です。

[SECTION 3]
(情緒動詞(助動詞)によるファンクションフレーズ)
例えば、助動詞may,canなどを含むファンクションフレーズは[以下にbe hungoverというフレーズを導きます。

[SECTION4]
(be動詞によるファンクションフレーズ)
例えば、be gong toやbe sure toなどは、to[以下にbe hungoverというフレーズを導きます。

[SECTION 5]
(一般動詞によるファンクションフレーズ)
例えば、don't want toやseem toなどは、to[[以下にbe hungoverというフレーズを導きます。

[SECTION 6]
助動詞+have+過去形動詞フレーズ 
例えば、助動詞may,canなどを含むファンクションフレーズは[以下に
have been hungoverというフレーズを導きます。 これは完了形の展開表現です。

[SECTION 7] 
(ing形動詞フレーズを使った表現 動名詞)
 being hungover. 動名詞は、ing形動詞フレーズの表現です。

以上「世界水準の英会話最速英語脳構築プログラム」を体験して、あなたぱどんな感想を持ちましか? 言うまでもなくこれが日本人以外の常識です。
英会話学習は、「英語のセリフ丸暗記」でないことがわかっていただけましたか?
そこで、最終の確認です。
なぜbe 動詞系列の一般的な表現をbe hungover.などと表現するのかわかりますか?
もう一度プログラムを見渡してください。
もっとも多く登場するのはbe hungoverです。

さて、最後に確認してほいいのは「英語読み上げ」です。
hungover、be hungover, been hungover. being hungoverといったフレーズを意味ある単位としてリイースニンク、つまり゜聞き取れたでしょうか?

今回も、できるだけ「英語読み上げ」サーピスを使っての配信となります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓の表示している英文をそのままコビペしてください。
もちろん無料です。
あるいは、お持ちの英文読み上げ英文読み上げソフトでも。
英語脳の定着を実感していただきたい、

https://ttsreader.com/ja

=============================
【これが国際標準の英会話学習法だ!】 
[英会話発想トレーニング] 
【be動詞フレーズ5段活用】 [表現の枠組み]
  be hungover   二日酔いよ
=============================  
 (1) (am, are, is) hungover   現在形動詞フレーズ 
 (2) (was, were) hungover   過去形動詞フレーズ
 (3) be hungover       原形動詞フレーズ
   ※命令形,助動詞、to不定詞で使われる。
 (4) being hungover     ing形動詞フレーズ
   ※原則として進行形はなく、動名詞で使われる。
 (5) been hungover     ed形動詞フレーズ 
   ※完了形で使われる。 
=============================

[SECTION 1 客観表現・基本4時制の展開]
(現在形)※現在の事実・習慣
 (1) 私、(今、ふだん)二日酔い
  → I’m hungover.
 (2) 私、二日酔いじゃない
  → I’m not hungover.
 (3) あなた、二日酔いなの?
  → Are you hungover?
 (4) あなた、二日酔いじゃないの?
  → Aren’t you hungover?
 (5) あなた、どうして二日酔いなの?
  → Why are you hungover?
(過去形) ※過去の事実
 (1) 私、(その時)二日酔いだったよ
  → I was hungover.
 (2) 私、二日酔いじゃなかった
  → I wasn’t hungover.
 (3) あなた、二日酔いだったの?
  → Were you hungover?
 (4) あなた、二日酔いじゃなかったの?
  → Weren’t you hungover?
 (5) あなた、どうして二日酔い だったの?
  → Why were you hungover?
(未来形) ※未来の事実
 (1) 私、(これから)二日酔いになるよ
  → I’ll be hungover.
 (2) 私、二日酔いにならない
  → I won’t be hungover.
 (3) あなた、二日酔いになるの?
  → Will you be hungover?
 (4) あなた、二日酔いならないの?
  → Won’t you be hungover?
 (5) あなた、どうして二日酔いなるの?
  → Why will you be hungover?
(現在完了形) ※過去を背負った現在の付帯状況 「継続用法」
 (1) 私、ずっと二日酔いだった
  → I have been hungover.
 (2) 私、二日酔いじゃない
  → I haven’t been hungover.
 (3) あなた、二日酔いだったの?
  → Have you been hungover?
 (4) あなた、二日酔いじゃなかたの?
  → Haven’t you been hungover?
 (5) あなた、どうして二日酔いだったの?
  → Why have you been hungover?

https://ttsreader.com/ja
コピペしてください、
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Function Method
present tense
(1) I’m hungover.
(2) I’m not hungover.
(3) Are you hungover?
(4) Aren’t you hungover?
(5) Why are you hungover?

Past tense
(1) I was hungover.
(2) I wasn’t hungover.
(3) Were you hungover?
(4) Weren’t you hungover?
(5) Why were you hungover?

Future tense 
(1) I’ll be hungover.
(2) I won’t be hungover.
(3) Will you be hungover?
(4) Won’t you be hungover?
(5) Why will you be hungover?

Present perfect tense
(1) I have been hungover.
(2) I haven’t been hungover.
(3) Have you been hungover?
(4) Haven’t you been hungover?
(5) Why have you been hungover?
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

[SECTION 2]  
  副詞のファンクションフレーズ 
(1) 私、おそらく二日酔い
  → I am probably hungover.
[SECTION 3]  以下情緒表現
(情緒動詞(助動詞)によるファンクションフレーズ)
 (1) 私、二日酔いかもよ  ※「推測」
  → I may be hungover.
 (2) 私、二日酔いはずよの   ※「可能性」
  → I can be hungover.
[SECTION 4]
(be動詞によるファンクションフレーズ)
 (1) 私、 二日酔いになりそうよ ※「進行」
  → I am going to be hungover.
 (2) 私、きっと二日酔いなるよ  ※「確信」
  → I am sure to be hungover.
[SECTION 5]
(一般動詞によるファンクションフレーズ)
 (1) 私、二日酔いになリたくないよ  ※「希望
  → I don’t want to be hungover.
 (2) 私、二日酔いのよう、思うよ   ※「推測
  → I seem to be hungover.
[SECTION 6]
  助動詞+have+過去形動詞フレーズ 
 (1) (今考えて見ると)私、 二日酔いになりそうだったよ
  → I would have been hungover.
 (2) 私、 二日酔いになったかもしれないよ
  → I might have been hungover.

[SECTION 7] 
(ing形動詞フレーズを使った表現 動名詞)
 (1) 私、 二日酔いになるのは嫌よ
  → I don’t like being hungover.
 (2) 私、 二日酔いの感じがするよ
  → I feel like being hungover.

https://ttsreader.com/ja
コピペしてください、

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Function Method
emotional expression
[SECTION 2]
(1) I am probably hungover.
[SECTION 3
(1) I may be hungover.
(2) I can be hungover.
SECTION 4
(1) I am going to be hungover.
(2) I am sure to be hungover.
SECTION 5
(1) I don’t want to be hungover.
(2) I seem to be hungover.
SECTION 6
(1) I would have been hungover.
(2) I might have been hungover.
SECTION 7] 
(1) I don’t like being hungover.
(2) I feel like being hungover.
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

【参考 U-Tube動画】
◉英語の設計図を解読すると
たった16の動詞で自由に英語が話せる
瞬間英作
音読トレーニング
https://youtu.be/nyT7NscBIuA

◉英会話語彙力増強「英会話必須基本16動詞 HTML
https://youtu.be/nHZ6OPfkB9s



英語は、be動詞系列と一般動詞系列のたった二つで成り立っている。とてもシンプルな仕組みをしている。だから日本人以外はハイスクールを終えるとそこそこ英語が話せる。
一方日本人は、受験エリートでも英語が話せないのが現実だ。
どうしてそんな現実を招いている元凶は文科省の教育文法だ。

本教材は、日本の教育文法教育文法の「仕組みの見える化」を目的とするものではありません。世界標準の英語発想「見える化」に成功した教材です。
どうして日本人ぱ3年も6年、あるいは10年かけても英語が話せない英語が話せないのか、そのワケを「見える化」したものです。

●日本以外の人たちは、動詞をフレーズ(意味ある単位)として捉え、それを元にした表現展開を学ぶのが英語学習を学んでいる。
一言で言うと、いくら英語学習を英語学習をしても、英語が言葉として蓄積しないということだ。つまり教育文法は動詞単体の変化ばかりを教えるでしかないと言うことだ。

===================

以下のアドレスから世界標準の瞬間英作トレーニング教材サンプル(PDF)が入手できます。もちろん無料です。
「犬をを外に出してやってやる」
「猫をを追い出すよ」
「ギガ宅急便」を利用しています。様々な広告がありますが、ブルー色の項目にあるFILE: まとめてダウンロードURLの「ダウンロード 開始」をクリックするダウンが始まります。

ZIPファイル名: 世界標準の瞬間英作トレーニングサンプル.zip
まとめてダウンロードURL

https://31.gigafile.nu/0213-b1c9934409cb7b9eb10e4f4907d9a22ff

なお以上の教材は、著作権フリーです。ご友人など、英会話学習に興味をある方に以上の教材入手アドレスをメールなどで知らせることが可能です

世界標準の瞬間英作トレーニングの製品版を体験していただくために以下の以下のベージを用意しました(もちろん無料) 是非訪問してくだい。
世界標準の瞬間英作トレーニング サンプル(一般動詞系列の英語脳) (英語で)ステイホーム stay home
https://blog.goo.ne.jp/english-info/e/9865410928d75e26e14e2c5794c3f11a

世界標準の瞬間英作トレーニング サンプル(be動詞系列の英語脳」英語脳) (英語で)家にいなさい!
https://blog.goo.ne.jp/english-info/e/2355577d7784dfc931a305fb133085f4

BASE
では、ご購入と同時に自動的に教材がダウンロードされます。
各種カードや多数の決済が可能です。
Click!ファンクションメソッド英語研究会

【世界標準の瞬間英作トレーニング第1回本 目次】
be動詞系列の表現

No.1 be cold 「寒いよ」    補語 形容詞 人主語
No.2 be very good 「とても美味しいよ」 補語 形容詞 もの主語
No.3 be angry 「怒っている」 補語 形容詞 人主語
No.4 be free 「暇よ、フリーよ 」 補語 形容詞 人主語
No.5 be busy 「忙しいよ 」   補語 形容詞 人主語
No.6 be tired 「疲れてるよ」  補語 形容詞 人主語
No.7 be a supporter 「サポーターよ」 補語 名詞 人主語
No.8 be here 「ここにいるよ」 補語 方位副詞 人主語
No.9 be under control 「コントロールされてるよ」 補語 前置詞+名詞 もの主語
No.10 be on a diet 「ダイエットしてるよ」 補語 前置詞+名詞 人主語
No.11 be stolen 「(自転車などが)盗まれてるよ」
     補語 ed形動詞フレーズ  もの主語 ※受身形
No.12 be married 「結婚してるよ 」
     補語 ed形動詞フレーズ  人主語※受身形
No.13 be scolded by mother 「ママに叱られるよ」
     補語 ed形動詞フレーズ  人主語 ※受身形
No.14 be jogging 「ジョギングしてるよ」
     補語 ing形動詞フレーズ  人主語 ※進行形
No.15 be living in Tokyo 「東京に住んでるよ」
     補語 ing形動詞フレーズ  人主語 ※進行形

一般動詞系列の表現
No.16 recover (事業なとが)リカバーする」 もの主語
No.17 occur 「(地震なとが)起こるよ 」 もの主語
No.18 rain a lot 「たくさん雨が降るよ」 もの主語
No. 19 come true 「(夢や願いが)叶うよ」 もの主語
No.20 respect her 「彼女をリスベクトするよ」 人主語
No.21 stay hereここにいるよ 、留まるよ 」 人主語
No.22 do volunteer work 「ボランティアをするよ 」 人主語
No.23 do it oneself 「自分でそれをするよ」 人主語
No.24 have a headache 「頭が痛いよ、頭痛がしてるよ」 人主語
No.25 get a cold 「風邪をひくよ」 人主語
No.26 go there 「そこに行くよ」 人主語
No.27 come here 「ここに来るよ」 人主語
No. 28 have a good time 「楽しく過ごすよ」 人主語
No.29 eat out 「外食するよ 、外で食べるよ 」  人主語
No.30 go to eat 「食べに行くよ」 人主語
====================================



ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料

今なら、受講料は4,800円で受講ができます。
●九九のように覚える英会話 1--37分52秒 教材教材の一部を体験してください。
U-Tube 限定公開と限定公開動画です。

https://youtu.be/0MOhOHRXS98



中嶋太一郎 ツイッター
https://twitter.com/cominica

Utube動画




スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 14:33 | Comment(0) | ファンクションメソッド英語・英会話学習教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

世界水準の英会話最速英語脳構築プログラム その3 (英語で)あなた、どうして二日酔いなの?


今回は一般動詞系列I have a hangover. をとりげます。

今回の世界水準の英会話最速英語脳構築プログラムで、具体的に説明ましょう。
[SECTION 1 客観表現・基本4時制の展開]
(現在形)※現在の事実・習慣
I (do)というファンクションフレーズで「現在の付帯状況」を宣言します。
そしてhave a hangoverという動詞フレーズ導きます。
don't, Do you 、Don't you といった否定や疑問、否定疑問も同様です。

(過去形) ※過去の事実
I (did( はファンクションフレーズで「現在の付帯状況」を宣言します。
そしてhave a hangoverという補語を導きます。
I did't , Did you 、didn't you といった否定や疑問、否定疑問も同様です。

(未来形) ※未来の事実
I willはファンクションフレーズで「未来の付帯状況」を宣言します。
但し、have a hangoverrというフレーズを導きます。
I will, Will you 、Won't you といった否定や疑問、否定疑問も同様です。

(現在完了形) ※過去を背負った現在の付帯状況 「継続用法」
I haveはファンクションフレーズで「現在の付帯状況」を宣言します。
但し、had a hangoverrというフレーズを導きます。
I have, Have you 、haven't you といった否定や疑問、否定疑問も同様です。

[SECTION 3]から[SECTION 5]
ファンクションフレーズは[以下にhave a hangoverというフレーズを導きます。

[SECTION 6]
助動詞+have+過去形動詞フレーズ 
例えば、助動詞may,canなどを含むファンクションフレーズは[以下に
have had hungoverというフレーズを導きます。 これは完了形の展開表現です。

[SECTION 7] 
(ing形動詞フレーズを使った表現 動名詞)
havibg a hangoverrr進行形や. 動名詞は、ing形動詞フレーズの表現です。

さて、最後に確認してほいいのは「英語読み上げ」です。
have a hangoverrなどといったフレーズを意味ある単位としてリイースニンク、つまり゜聞き取れたでしょうか?

今回も、できるだけ「英語読み上げ」サーピスを使っての配信となります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓の表示している英文をそのままコビペしてください。
もちろん無料です。
あるいは、お持ちの英文読み上げ英文読み上げソフトでも。
英語脳の定着を実感していただきたい、

https://ttsreader.com/ja

=============================
【これが国際標準の英会話学習法だ!】 
[英会話発想トレーニング] 
【一般動詞フレーズ5段活用】 [表現の枠組み]
have a hangover 「二日酔いする、している」
=============================  
 (1)
have[has] a hungover   現在形動詞フレーズ 
 (2)
had a hungover   過去形動詞フレーズ
 (3) have a
hungover       原形動詞フレーズ
   ※命令形,助動詞、to不定詞で使われる。
 (4) having a
hungover      ing形動詞フレーズ
   ※進行形、動名詞で使われる。
 (5)
had a hungover       ed形動詞フレーズ 
   ※完了形で使われる。 
=============================

[SECTION 1 客観表現・基本4時制の展開]
(現在形)※現在の事実・習慣
 (1) 私、(今、ふだん)二日酔いよ
、してるよ
  → I have a
hungover.
 (2) 私、二日酔いじゃないよ
  → I don’t have a hungover.
 (3) あなた、二日酔いなの?
  → Do you have a
hungover?
 (4) あなた、二日酔いじゃないの?
  → Don’t you have a
hungover?
 (5) あなた、どうして二日酔いなの?
  →
Why do you have a hungover?
(過去形) ※過去の事実
 (1) 私、(その時)二日酔いだったよ
 → I had a
hungover.
 (2) 私、二日酔いじゃなかったよ
  → I didn’t have a hungover.
 (3) あなた、二日酔いだったの?
  → Did you have a
hungover?
 (4) あなた、二日酔いじゃなかったの?
  → Didn’t you have a
hungover?
 (5) あなた、どうして二日酔い だったの?
  →
Why did you have a hungover?
(未来形) ※未来の事実
 (1) 私、(これから)二日酔いになるよ
  → I’ll have a
hungover
 (2) 私、二日酔いにならないよ
  → I won’t have a
hungover.
 (3) あなた、二日酔いになるの?
  → Will you have a
hungover?
 (4) あなた、二日酔いならないの?
  → Won’t you
have a hungover?
 (5) あなた、どうして二日酔いなるの?
  →
Why will you have a hungover?
(現在完了形) ※過去を背負った現在の付帯状況 「継続用法」
 (1) 私、ずっと二日酔いだったよ
  → I have
had a hungover.
 (2) 私、二日酔いじゃないよ
  → I haven’t had a
hungover.
 (3) あなた、二日酔いだったの?
  → Have you had a
hungover?
 (4) あなた、二日酔いじゃなかたの?
  → Haven’t you
had a hungover?
 (5) あなた、どうして二日酔いだったの?
  →
Why have you had a hungover?

https://ttsreader.com/ja
コピペしてください、
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Function Method
present tense
 (1)  I have a
hungover.
 (2)
I don’t hungover.
 (3) Do you have a
hungover?
 (4)  Don’t you have a
hungover?
 (5)
Why do you have a hungover?
Past tense
 (1) I had a
hungover.
 (2)
I didn’t have a hungover.
 (3) Did you have a
hungover?
 (4) Didn’t you have a
hungover?
 (5)
Why did you have a hungover?
Future tense 
 (1) I’ll have a
hungover
 (2) I won’t have a
hungover.
 (3) Will you have a
hungover?
 (4) Won’t you
have a hungover?
 (5)
Why will you have a hungover?
Present perfect tense
 (1) I have
had a hungover.
 (2) I haven’t had a
hungover.
 (3)  Have you had a
hungover?
 (4)  Haven’t you
had a hungover?
 (5) 
Why have you had a hungover?
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

[SECTION 2]  
  副詞のファンクションフレーズ   
(1) 私、おそらく二日酔いよ
  → I probably have a
hungover.
(2) 私、しばしぱ二日酔いになるよ
  → I often have a
hungover.
[SECTION 3]  以下情緒表現
(情緒動詞(助動詞)によるファンクションフレーズ)
 (1) 私、二日酔いかもよ  ※「推測」
  → I may
have a hungover.
 (2) 私、二日酔いはずよの   ※「可能性」
  → I can have a
hungover.
[SECTION 4]
(be動詞によるファンクションフレーズ)
 (1) 私、 二日酔いになりそうよ ※「進行」
  → I am going to have a
hungover.
 (2) 私、きっと二日酔いなるよ  ※「確信」
  → I am sure to
have a hungover.
[SECTION 5]
(一般動詞によるファンクションフレーズ)
 (1) 私、二日酔いになリたくないよ  ※「希望」
  → I don’t want to have a
hungover.
 (2) 私、二日酔いのようよ、思うよ   ※「推測」
  → I seem to
have a hungover.
[SECTION 6]
  助動詞+have+過去形動詞フレーズ 
 (1) (今考えて見ると)私、 二日酔いになりそうだったよ
  → I would
have had a hungover.
 (2) 私、 二日酔いになったかもしれないよ
  → I might
have had a hungover.

[SECTION 7] 
(ing形動詞フレーズを使った表現 進行形・動名詞)
 (1) 私、 二日酔いしてるよ ※「進行形」
  → I am having a
hungover.
 (2) 彼女、 二日酔いしてるかもよ 
  → She may be having a
hungover.
 (3) 私、 二日酔いになるのは嫌よ
  → I don’t like having a
hungover.
 (4) 私、 二日酔いの感じがするよ
  → I feel like having a
hungover.

https://ttsreader.com/ja
コピペしてください、

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Function Method
emotional expression
[SECTION 2]  
(1)  I probably have a
hungover.
(2)  I often have a hungover.
[SECTION 3] 
 (1) I may have a hungover.
 (2)  I can have a
hungover.
[SECTION 4]
 (1) I am going to have a
hungover.
 (2)  I am sure to
have a hungover.
[SECTION 5]
 (1) I don’t want to have a
hungover.
 (2)  I seem to
have a hungover.
[SECTION 6]
 (1)  I would
have had a hungover.
 (2)  I might
have had a hungover.
[SECTION 7] 
 (1) I am having a hungover.
 (2) She may be having a hungover.
 (3)  I don’t like having a
hungover.
 (4)  I feel like having a
hungover.
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

【参考 U-Tube動画】
◉英語の設計図を解読すると
たった16の動詞で自由に英語が話せる
瞬間英作
音読トレーニング
https://youtu.be/nyT7NscBIuA

◉英会話語彙力増強「英会話必須基本16動詞 HTML
https://youtu.be/nHZ6OPfkB9s



英語は、be動詞系列と一般動詞系列のたった二つで成り立っている。とてもシンプルな仕組みをしている。だから日本人以外はハイスクールを終えるとそこそこ英語が話せる。
一方日本人は、受験エリートでも英語が話せないのが現実だ。
どうしてそんな現実を招いている元凶は文科省の教育文法だ。

本教材は、日本の教育文法教育文法の「仕組みの見える化」を目的とするものではありません。世界標準の英語発想「見える化」に成功した教材です。
どうして日本人ぱ3年も6年、あるいは10年かけても英語が話せない英語が話せないのか、そのワケを「見える化」したものです。

●日本以外の人たちは、動詞をフレーズ(意味ある単位)として捉え、それを元にした表現展開を学ぶのが英語学習を学んでいる。
一言で言うと、いくら英語学習を英語学習をしても、英語が言葉として蓄積しないということだ。つまり教育文法は動詞単体の変化ばかりを教えるでしかないと言うことだ。

===================

以下のアドレスから世界標準の瞬間英作トレーニング教材サンプル(PDF)が入手できます。もちろん無料です。
「犬をを外に出してやってやる」
「猫をを追い出すよ」
「ギガ宅急便」を利用しています。様々な広告がありますが、ブルー色の項目にあるFILE: まとめてダウンロードURLの「ダウンロード 開始」をクリックするダウンが始まります。

ZIPファイル名: 世界標準の瞬間英作トレーニングサンプル.zip
まとめてダウンロードURL

https://31.gigafile.nu/0213-b1c9934409cb7b9eb10e4f4907d9a22ff

なお以上の教材は、著作権フリーです。ご友人など、英会話学習に興味をある方に以上の教材入手アドレスをメールなどで知らせることが可能です

世界標準の瞬間英作トレーニングの製品版を体験していただくために以下の以下のベージを用意しました(もちろん無料) 是非訪問してくだい。
世界標準の瞬間英作トレーニング サンプル(一般動詞系列の英語脳) (英語で)ステイホーム stay home
https://blog.goo.ne.jp/english-info/e/9865410928d75e26e14e2c5794c3f11a

世界標準の瞬間英作トレーニング サンプル(be動詞系列の英語脳」英語脳) (英語で)家にいなさい!
https://blog.goo.ne.jp/english-info/e/2355577d7784dfc931a305fb133085f4

BASE
では、ご購入と同時に自動的に教材がダウンロードされます。
各種カードや多数の決済が可能です。
Click!ファンクションメソッド英語研究会

【世界標準の瞬間英作トレーニング第1回本 目次】
be動詞系列の表現

No.1 be cold 「寒いよ」    補語 形容詞 人主語
No.2 be very good 「とても美味しいよ」 補語 形容詞 もの主語
No.3 be angry 「怒っている」 補語 形容詞 人主語
No.4 be free 「暇よ、フリーよ 」 補語 形容詞 人主語
No.5 be busy 「忙しいよ 」   補語 形容詞 人主語
No.6 be tired 「疲れてるよ」  補語 形容詞 人主語
No.7 be a supporter 「サポーターよ」 補語 名詞 人主語
No.8 be here 「ここにいるよ」 補語 方位副詞 人主語
No.9 be under control 「コントロールされてるよ」 補語 前置詞+名詞 もの主語
No.10 be on a diet 「ダイエットしてるよ」 補語 前置詞+名詞 人主語
No.11 be stolen 「(自転車などが)盗まれてるよ」
     補語 ed形動詞フレーズ  もの主語 ※受身形
No.12 be married 「結婚してるよ 」
     補語 ed形動詞フレーズ  人主語※受身形
No.13 be scolded by mother 「ママに叱られるよ」
     補語 ed形動詞フレーズ  人主語 ※受身形
No.14 be jogging 「ジョギングしてるよ」
     補語 ing形動詞フレーズ  人主語 ※進行形
No.15 be living in Tokyo 「東京に住んでるよ」
     補語 ing形動詞フレーズ  人主語 ※進行形

一般動詞系列の表現
No.16 recover (事業なとが)リカバーする」 もの主語
No.17 occur 「(地震なとが)起こるよ 」 もの主語
No.18 rain a lot 「たくさん雨が降るよ」 もの主語
No. 19 come true 「(夢や願いが)叶うよ」 もの主語
No.20 respect her 「彼女をリスベクトするよ」 人主語
No.21 stay hereここにいるよ 、留まるよ 」 人主語
No.22 do volunteer work 「ボランティアをするよ 」 人主語
No.23 do it oneself 「自分でそれをするよ」 人主語
No.24 have a headache 「頭が痛いよ、頭痛がしてるよ」 人主語
No.25 get a cold 「風邪をひくよ」 人主語
No.26 go there 「そこに行くよ」 人主語
No.27 come here 「ここに来るよ」 人主語
No. 28 have a good time 「楽しく過ごすよ」 人主語
No.29 eat out 「外食するよ 、外で食べるよ 」  人主語
No.30 go to eat 「食べに行くよ」 人主語
====================================



ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料

今なら、受講料は4,800円で受講ができます。
●九九のように覚える英会話 1--37分52秒 教材教材の一部を体験してください。
U-Tube 限定公開と限定公開動画です。

https://youtu.be/0MOhOHRXS98



中嶋太一郎 ツイッター
https://twitter.com/cominica

Utube動画




スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 11:28 | Comment(0) | ファンクションメソッド英語・英会話学習教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

世界水準の英会話最速英語脳構築プログラム その4 (英語で)あなた、どうして家にいないの?


今回も、できるだけ「英語読み上げ」サーピスを使っての配信となります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓の表示している英文をそのままコビペしてください。
もちろん無料です。
あるいは、お持ちの英文読み上げ英文読み上げソフトでも。
英語脳の定着を実感していただきたい、

https://ttsreader.com/ja

「世界水準の英会話最速英語脳構築プログラム」という英会話教材に、「英語脳獲得のためのワンポイントアドバイス」という項目を付け加えました。
是非とも体験してください。
今回は、「事実表現」つまり英語表現の根幹となる4つの時制の時制表現を取り上げました。
次回は、情緒表現を取り上げます。

【これが国際標準の英会話学習法だ!】  商品版 SAMPLE-1
[英会話発想トレーニング] 
  【be動詞フレーズ5段活用】  [表現の枠組み]
  be here  家にいる 

=============================  
 (1) (am, are, is) home   現在形動詞フレーズ 
   ※現在形
 (2) (was, were) home   過去形動詞フレーズ
   ※過去形 
 (3) be home       原形動詞フレーズ
   ※命令形,助動詞、to不定詞で使われる。
 (4) being home      ing形動詞フレーズ
   ※原則として進行形はなく、動名詞で使われる。
 (5) been home      ed形動詞フレーズ 
   ※完了形で使われる。 
=============================

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
英語脳獲得のためのワンポイントアドバイス
(現在形) ※(過去形) ※現在の事実・習慣

I'm は amというファンクションフレーズで「現在の存在」を宣言します。
そして
homeという補語を導きます。
I'n not, Are you 、Aren't you といった否定や疑問、否定疑問も同様です。

(過去形) ※過去の事実
I wasはファンクションフレーズで「過去の存在」を宣言します。
そして
homeという補語を導きます。
I was, Were you 、Wen't you といった否定や疑問、否定疑問も同様です。

(未来形) ※未来の事実
I willはファンクションフレーズで「未来の存在」を宣言します。
但し、
be homeという原形フレーズを導きます。
I will, Will you 、Won't you といった否定や疑問、否定疑問も同様です。

(現在完了形) ※過去を背負った現在の付帯状況
I haveはファンクションフレーズで「現在の付帯状況」を宣言します。
但し、
been homeというed形動詞フレーズを導きます。
I have, Have you 、haven't you といった否定や疑問、否定疑問も同様です。
○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

[SECTION 1]
[客観表現・基本4時制の展開]
(現在形)現在の事実・習慣
   
 (1) 私、(今、ふだん)家にいるよ
   → I am home.
 (2) 私、家にいないよ
   → I’m not home.
 (3) あなた、家にいるの?
   → Are you home?
 (4) あなた、家にいないの?
   → Aren't you home?
 (5) あなた、どうして家にいるの?
   → Why are you home?
 (6) あなた、どうして家にいないの?
   → Why are you home?
 (7) あなた、どこに家にいるの?
   → Where are you?

(過去形) 過去の事実
 (1) 私、(その時)家にいたよ
   → I was home.
 (2) 私、家にいなかったよ
   → I wasn't home.
 (3) あなた、家にいたの?
   → Were you home?
 (4) あなた、家にいなかったの?
   → Weren't you home?
 (5) あなた、どうして家にいたの?
   → Why were you home?
 (6) あなた、どうして家にいなかったの?
   → Why were’t you home?
 (7) あなた、どこにいたの?
   → Where were you?

(未来形)未来の事実
 (1) 私、(これから)家にいるつもりよ
   → I will be home.
 (2) 私、家にいるつもりはないよ
   → I won't be home.
 (3) あなた、家にいるつもりなの?
   → Will you be home?
 (4) あなた、家にいるつもりはないの?
   → Won't you be home?
 (5) あなた、どうして家にいるつもりなの?
   → Why will you be home?
 (6) あなた、どうして家にいるつもりはないの?
   → Why won't you be home?
 (7) あなた、どこにいるつもりの?
   → Where will you be?

(現在完了形) 過去を背負った現在の付帯状況 継続用法
 (1) 私、(ずっと)家にいるよ
   → I have been home.
 (2) 私、家にいなかったよ
   → I haven't been home.
 (3) あなた、家にいたの?
   → Have you been home?
 (4) あなた、家にいなかったの?
   → Haven't you been home?
 (5) あなた、どうして家にいたの?
   → Why have you been home?
 (6) あなた、どうして家にいなかったの?
   → Why haven’t you been home?
 (7) あなた、どこにいたの?
   → Where have you been?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Function Method
present tense
(1) I am home.
(2) I’m not home
(3) Are you home? 
(4) Aren't you home?
(5) Why are you home?
(6) Why are you home?
(7) Where are you?

Past tense
(1) I was home.
(2) I wasn't home.
(3) Were you home?
(4) Weren't you home?
(5) Why were you home?
(6) Why were’t you home?
(7) Where were you?

Future tense 
(1) I will be home.
(2) I won't be home.
(3)Will you be home?
(4) Won't you be home?
(5) Why will you be home?
(6) Why won't you be home?
(7) Where will you be?

Present perfect tense
(1) I have been home.
(2) I haven't been home.
(3) Have you been home?
(4) Haven't you been home?
(5) Why have you been home?
(6) Why haven’t you been home?
(7) Where have you been?
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

さて、最後に確認してほいいのは「英語読み上げ」です。
have a hangoverrなどといったフレーズを意味ある単位としてリスニング、つまり聞き取れたでしょうか?

【参考 U-Tube動画】
◉英語の設計図を解読すると
たった16の動詞で自由に英語が話せる
瞬間英作
音読トレーニング
https://youtu.be/nyT7NscBIuA

◉英会話語彙力増強「英会話必須基本16動詞 HTML
https://youtu.be/nHZ6OPfkB9s



英語は、be動詞系列と一般動詞系列のたった二つで成り立っている。とてもシンプルな仕組みをしている。だから日本人以外はハイスクールを終えるとそこそこ英語が話せる。
一方日本人は、受験エリートでも英語が話せないのが現実だ。
どうしてそんな現実を招いている元凶は文科省の教育文法だ。

本教材は、日本の教育文法教育文法の「仕組みの見える化」を目的とするものではありません。世界標準の英語発想「見える化」に成功した教材です。
どうして日本人ぱ3年も6年、あるいは10年かけても英語が話せない英語が話せないのか、そのワケを「見える化」したものです。

●日本以外の人たちは、動詞をフレーズ(意味ある単位)として捉え、それを元にした表現展開を学ぶのが英語学習を学んでいる。
一言で言うと、いくら英語学習を英語学習をしても、英語が言葉として蓄積しないということだ。つまり教育文法は動詞単体の変化ばかりを教えるでしかないと言うことだ。

===================

以下のアドレスから世界標準の瞬間英作トレーニング教材サンプル(PDF)が入手できます。もちろん無料です。
「犬をを外に出してやってやる」
「猫をを追い出すよ」
「ギガ宅急便」を利用しています。様々な広告がありますが、ブルー色の項目にあるFILE: まとめてダウンロードURLの「ダウンロード 開始」をクリックするダウンが始まります。

ZIPファイル名: 世界標準の瞬間英作トレーニングサンプル.zip
まとめてダウンロードURL

https://31.gigafile.nu/0213-b1c9934409cb7b9eb10e4f4907d9a22ff

なお以上の教材は、著作権フリーです。ご友人など、英会話学習に興味をある方に以上の教材入手アドレスをメールなどで知らせることが可能です

世界標準の瞬間英作トレーニングの製品版を体験していただくために以下の以下のベージを用意しました(もちろん無料) 是非訪問してくだい。
世界標準の瞬間英作トレーニング サンプル(一般動詞系列の英語脳) (英語で)ステイホーム stay home
https://blog.goo.ne.jp/english-info/e/9865410928d75e26e14e2c5794c3f11a

世界標準の瞬間英作トレーニング サンプル(be動詞系列の英語脳」英語脳) (英語で)家にいなさい!
https://blog.goo.ne.jp/english-info/e/2355577d7784dfc931a305fb133085f4

BASE
では、ご購入と同時に自動的に教材がダウンロードされます。
各種カードや多数の決済が可能です。
Click!ファンクションメソッド英語研究会

【世界標準の瞬間英作トレーニング第1回本 目次】
be動詞系列の表現

No.1 be cold 「寒いよ」    補語 形容詞 人主語
No.2 be very good 「とても美味しいよ」 補語 形容詞 もの主語
No.3 be angry 「怒っている」 補語 形容詞 人主語
No.4 be free 「暇よ、フリーよ 」 補語 形容詞 人主語
No.5 be busy 「忙しいよ 」   補語 形容詞 人主語
No.6 be tired 「疲れてるよ」  補語 形容詞 人主語
No.7 be a supporter 「サポーターよ」 補語 名詞 人主語
No.8 be here 「ここにいるよ」 補語 方位副詞 人主語
No.9 be under control 「コントロールされてるよ」 補語 前置詞+名詞 もの主語
No.10 be on a diet 「ダイエットしてるよ」 補語 前置詞+名詞 人主語
No.11 be stolen 「(自転車などが)盗まれてるよ」
     補語 ed形動詞フレーズ  もの主語 ※受身形
No.12 be married 「結婚してるよ 」
     補語 ed形動詞フレーズ  人主語※受身形
No.13 be scolded by mother 「ママに叱られるよ」
     補語 ed形動詞フレーズ  人主語 ※受身形
No.14 be jogging 「ジョギングしてるよ」
     補語 ing形動詞フレーズ  人主語 ※進行形
No.15 be living in Tokyo 「東京に住んでるよ」
     補語 ing形動詞フレーズ  人主語 ※進行形

一般動詞系列の表現
No.16 recover (事業なとが)リカバーする」 もの主語
No.17 occur 「(地震なとが)起こるよ 」 もの主語
No.18 rain a lot 「たくさん雨が降るよ」 もの主語
No. 19 come true 「(夢や願いが)叶うよ」 もの主語
No.20 respect her 「彼女をリスベクトするよ」 人主語
No.21 stay hereここにいるよ 、留まるよ 」 人主語
No.22 do volunteer work 「ボランティアをするよ 」 人主語
No.23 do it oneself 「自分でそれをするよ」 人主語
No.24 have a headache 「頭が痛いよ、頭痛がしてるよ」 人主語
No.25 get a cold 「風邪をひくよ」 人主語
No.26 go there 「そこに行くよ」 人主語
No.27 come here 「ここに来るよ」 人主語
No. 28 have a good time 「楽しく過ごすよ」 人主語
No.29 eat out 「外食するよ 、外で食べるよ 」  人主語
No.30 go to eat 「食べに行くよ」 人主語
====================================



ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料

今なら、受講料は4,800円で受講ができます。
●九九のように覚える英会話 1--37分52秒 教材教材の一部を体験してください。
U-Tube 限定公開と限定公開動画です。

https://youtu.be/0MOhOHRXS98



中嶋太一郎 ツイッター
https://twitter.com/cominica

Utube動画




スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 14:01 | Comment(0) | ファンクションメソッド英語・英会話学習教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

世界水準の英会話最速英語脳構築プログラム その5 (英語で)家にいなければならないよ


アメリカで市販されている英会話の本に「Function in English」というものがありました。
もちろん現在でも販売されていると思います。
これは簡単にいえば「英語はファンクションフレーズと動詞フレーズの順列・組み合わせで成り立っている」ということです。
つまり、日本以外の人たちは、動詞をフレーズ(意味ある単位)として捉え、それを元にした表現展開を学ぶのが英語学習を学んでいるということです。
つまり外国の人たちが簡単に英語を話せるようになるのは、この英語発想で取り組むからです。
例えば、be homeといった動詞フレーズを、どれだけ多くのファンクションフレーズを使って英語表現できるが、彼らの英語、英会話学習の目的なのです。
さて、最後に確認してほいいのは「英語読み上げ」です。
be home
などといったフレーズを意味ある単位としてリスニング、つまりあなたは聞き取れたでしょうか?

今回も、できるだけ「英語読み上げ」サーピスを使っての配信となります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓の表示している英文をそのままコビペしてください。
もちろん無料です。
あるいは、お持ちの英文読み上げ英文読み上げソフトでも。
英語脳の定着を実感していただきたい

https://ttsreader.com/ja

【これが国際標準の英会話学習法だ!】  商品版 SAMPLE-1
[英会話発想トレーニング] 
  【be動詞フレーズ5段活用】  [表現の枠組み]
  be here  家にいる 

=============================  
 (1) (am, are, is) home   現在形動詞フレーズ 
   ※現在形
 (2) (was, were) home   過去形動詞フレーズ
   ※過去形 
 (3) be home       原形動詞フレーズ
   ※命令形,助動詞、to不定詞で使われる。
 (4) being home      ing形動詞フレーズ
   ※原則として進行形はなく、動名詞で使われる。
 (5) been home      ed形動詞フレーズ 
   ※完了形で使われる。 
=============================

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
[SECTION 3]
(情緒動詞(助動詞)によるファンクションフレーズ)
助動詞may,canなどを含むファンクションフレーズは、以下に
be homeなどの原形フレーズを導きます。
[SECTION4]
(be動詞によるファンクションフレーズ)
be gong toやbe sure toなどを含むファンクションフレーズは、to以下に
be homeなどの原形フレーズを導きます。
[SECTION 5]
(一般動詞によるファンクションフレーズ)
have to、want toやseem toなどは、toなどを含むファンクションフレーズは、to以下に
be homeなどの原形フレーズを導きます。
[SECTION 6]
助動詞+have+過去形動詞フレーズ 
助動詞may,canなどを含むファンクションフレーズは、以下に
have been homeなどのフレーズを導きます。 これは完了形の展開表現です

[SECTION 7] 
(ing形動詞フレーズを使った表現 動名詞)
動名詞は、being home. などのing形動詞フレーズとなります。
○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

======================
[SECTION 2】 
[情緒表現-その1]
  副詞のファンクションフレーズ
(1) おそらく 私、家にいるよ   ※「確かさを表す副詞」
 → I will probably be home.
(2) おそらく 私、家にいないよ
 → I will not probably be home.
(3) 私、いつも家にいるよ  ※「頻度を表す副詞」
 → I am always home.
(4) 私、めったに家にいないよ
 → I am seldom home.

[情緒表現-その2]
(情緒動詞(助動詞)によるファンクションフレーズ)

(1) 私、家にいるかもよ  ※「推量」
 → I may be home.
(2) 私、家にいないかもよ
 → I may not be home.
(3) 私、家にいるはずよ  ※「可能性」
 → I can be home.
(4) 私、家にいるはずないよ
 → I can't be home.
(5) 私、家にいなければならないよ  ※「義務」
→ I must be home.
(6) 私、家にいるべきよ ※「当然」
 → I should be home.
(7) 家にいてくださいませんか? ※「命令」
 → Be home, will you?
(8) (私)、家にいましょうか? ※「相手の意向を聞く」
 → Shall I be home?
(9) (私達)、家にいましょうか? ※「勧誘」
 → Shall we be home?

[情緒表現-その3]
(be動詞によるファンクションフレーズ)
(1) あなた、家にいるべきだ  ※「be toの構文」
 → You are to be home.
(2) 私、家にいるつもりよ  ※「進行」
 → I am going to be home.
(3) 私、必ず家にいるよ ※「確信」
 → I am sure to be home.
(4) 私、喜んで家にいるよ ※「意志」
 → I am willing to be home.
(5) 彼女、家にいるようよ  ※「傾向」
 → She is likely to be home.
(6) 彼女、家にいるようじゃないよ
 → She is unlikely to be home.
(7) 私、家にいる予定よ
 → I am supposed to be home.
(8) 私、家にいるつもりよ ※「計画」
 → I am planning to be home.

[情緒表現-その4]
(一般動詞によるファンクションフレーズ)
(1) 私、家にいなければならないよ ※「付帯状況」
 → I have to be home.
(2) 私、家にいる必要はないよ
 → I don't have to be home.
(3) 私、家にいなければならないの?
 → Do I have to be home?
(4) 私、家にいなければならなかったよ
 → I had to be home.
(5) 私、家にいなければならないよ
 → I will have to be home?
(6) 私、家にいなきゃ 
 → I’ve got to be home.
(7) 私、家にいたいよ ※「希望」
 → I want to be home.
(8) 私、家にいたかったよ
 → I wanted to be home.
(9) 私、家にいたくないよ
 → I don't want to be home.
(10) 私、家にいたいの?
 → Do want to be home?
(11) 私、家にいたいよ  ※「丁寧」
 → I’d like to be home.
(12) 私、家にいたいよ  ※「願望」
 → I wish to be home.
(13) 私、家にいなきゃ 
 → I’ve got to be home.
(14) 私、家にいたものだよ ※「過去の習慣」
 → I used to be home.
(15) 私、たまたま家にいたよ ※「偶然」
 → I happened to be home.
(16) 私、家にいることにしたよ ※「決定」
 → I decided to be home.
(17) 私、家にいることを約束するよ
 → I promise to be home.
(18) 彼女、家にいるようだよ  ※「推量」
 → She seems to be home
(19) 彼女、家にいたようだよ
 → She seems to have been home.
(20) 彼女、家にいないようだよ
 → She doesn't seem to be home.
(21) 彼女、家にいるようなの?
 → Does she seem to be home?
(22) 私に家にいさせてください!
 → Let me be home.
(23) 私、あなたに家にいてもらいたいよ
 → I want you to be home.
(24) 私、あなたに家にいてもらいたかったよ
 → I wanted you to be home.
(25) 私、皆さんにあなたに家にいるように言ってるよ ※「伝達
 → I tell you to be home.
(26) 私、あなたに家にいてもらうようにアドバイスしてるよ
 → I advise you to be home.
(27) 私、あなたに家にいてもらうように命令したよ
 → I ordered you to be home.
 (28) あなたに家にいてもらいたかった
 → I wanted you to be home.

[情緒表現-その5]
助動詞+have+ed形動詞フレーズ
(1) (今考えて見ると)私、家にいるつもりだったよ ※「意志」
 → I would have been home.
(2) 私、家にいるつもりはなかったよ
 → I would have been home.
(3) 私、家にいるべきだったよ ※「当然」
 → I should have been home.
(4) 私、家にいなければならなかったよ   ※「義務」
 → I must have been home.
(5) 私、家にいたはずよ ※「可能性」
 → I could have been home.
(6) 私、家にいたはずはないよ 
 → I could  not have been home.
(7) 私、家にいなかったかもよ ※「推量」
 → I might not have been home.
(8) 私、家にいた方がよかったよ 
 → I had better have been home.

[SECTION 7】 
[客観表現 一部情緒表現を含む]
(ing形動詞フレーズを使った表現 進行形・動名詞)動名詞)
(1) 私、家にいるのが好きよ
 → I like being home.
(2) 私、家にいるのが恐いよ
 → I am afraid of being home.
(3) 私、家にいるのうれしいよ
 → It is so nice of being home.
(4) 私、家にいることを考えてるよ
 → I am thinking of being home.
(5) 私、家にい続けるつもりよ
 → I will keep on being home.
(6) 彼女、家にいることを拒否してるよ
 → She will resist being home.

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Function Method
emotional expression
[SECTION 2]
(1) I will probably be home.
(2)  I will not probably be home.
(3) I am always home.
(4) I am seldom home.
[SECTION 3]
(1) I may be home.
(2) I may not be home.
(3) I can be home.
(4) I can't be home.
(5) I must be home.
(6) I should be home.
(7) Be home, will you?
(8) Shall I be home?
(9) Shall we be home?
[SECTION 4]
(1) You are to be home.
(2) I am going to be home.
(3) I am sure to be home.
(4) I am willing to be home.
(5) She is likely to be home.
(6) She is unlikely to be home.
(7) I am supposed to be home.
(8) I am planning to be home.
[SECTION 5]  
(1) I have to be home.
(2) I don't have to be home.
(3) Do I have to be home?
(4) I had to be home.
(5) I will have to be home?
(6) I’ve got to be home.
(7) I want to be home.
(8) I wanted to be home.
(9) I don't want to be home.
(10) Do want to be home?
(11) I’d like to be home.
(12) I wish to be home.
(13) I’ve got to be home.
(14) I used to be home.
(15) I happened to be home.
(16) I decided to be home.
(17) I promise to be home.
(18) She seems to be home
(19) She seems to have been home.
(20) She doesn't seem to be home.
(21) Does she seem to be home?
(22) Let me be home.
(23) I want you to be home.
(24) I wanted you to be home.
(25) I tell you to be home.
(26) I advise you to be home.
(27) I ordered you to be home.
(28) I wanted you to be home.
[SECTION 6]   
(1) I would have been home.
(2) I would have been home.
(3) I should have been home.
(4) I must have been home.
(5) I could have been home.
(6) I could  not have been home.
(7) I had better have been home.

[SECTION 7]   
(1) I like being home.
(2) I am afraid of being home.
(3) It is so nice of being home.
(4) I am thinking ofbeing home.
(5) I will keep on being home.
(6) She will resist being home.
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

【参考 U-Tube動画】
◉英語の設計図を解読すると
たった16の動詞で自由に英語が話せる
瞬間英作
音読トレーニング
https://youtu.be/nyT7NscBIuA

◉英会話語彙力増強「英会話必須基本16動詞 HTML
https://youtu.be/nHZ6OPfkB9s



英語は、be動詞系列と一般動詞系列のたった二つで成り立っている。とてもシンプルな仕組みをしている。だから日本人以外はハイスクールを終えるとそこそこ英語が話せる。
一方日本人は、受験エリートでも英語が話せないのが現実だ。
どうしてそんな現実を招いている元凶は文科省の教育文法だ。

本教材は、日本の教育文法教育文法の「仕組みの見える化」を目的とするものではありません。世界標準の英語発想「見える化」に成功した教材です。
どうして日本人ぱ3年も6年、あるいは10年かけても英語が話せない英語が話せないのか、そのワケを「見える化」したものです。

●日本以外の人たちは、動詞をフレーズ(意味ある単位)として捉え、それを元にした表現展開を学ぶのが英語学習を学んでいる。
一言で言うと、いくら英語学習を英語学習をしても、英語が言葉として蓄積しないということだ。つまり教育文法は動詞単体の変化ばかりを教えるでしかないと言うことだ。

===================

以下のアドレスから世界標準の瞬間英作トレーニング教材サンプル(PDF)が入手できます。もちろん無料です。
「犬をを外に出してやってやる」
「猫をを追い出すよ」
「ギガ宅急便」を利用しています。様々な広告がありますが、ブルー色の項目にあるFILE: まとめてダウンロードURLの「ダウンロード 開始」をクリックするダウンが始まります。

ZIPファイル名: 世界標準の瞬間英作トレーニングサンプル.zip
まとめてダウンロードURL

https://31.gigafile.nu/0213-b1c9934409cb7b9eb10e4f4907d9a22ff

なお以上の教材は、著作権フリーです。ご友人など、英会話学習に興味をある方に以上の教材入手アドレスをメールなどで知らせることが可能です

世界標準の瞬間英作トレーニングの製品版を体験していただくために以下の以下のベージを用意しました(もちろん無料) 是非訪問してくだい。
世界標準の瞬間英作トレーニング サンプル(一般動詞系列の英語脳) (英語で)ステイホーム stay home
https://blog.goo.ne.jp/english-info/e/9865410928d75e26e14e2c5794c3f11a

世界標準の瞬間英作トレーニング サンプル(be動詞系列の英語脳」英語脳) (英語で)家にいなさい!
https://blog.goo.ne.jp/english-info/e/2355577d7784dfc931a305fb133085f4

BASE
では、ご購入と同時に自動的に教材がダウンロードされます。
各種カードや多数の決済が可能です。
Click!ファンクションメソッド英語研究会

【世界標準の瞬間英作トレーニング第1回本 目次】
be動詞系列の表現

No.1 be cold 「寒いよ」    補語 形容詞 人主語
No.2 be very good 「とても美味しいよ」 補語 形容詞 もの主語
No.3 be angry 「怒っている」 補語 形容詞 人主語
No.4 be free 「暇よ、フリーよ 」 補語 形容詞 人主語
No.5 be busy 「忙しいよ 」   補語 形容詞 人主語
No.6 be tired 「疲れてるよ」  補語 形容詞 人主語
No.7 be a supporter 「サポーターよ」 補語 名詞 人主語
No.8 be here 「ここにいるよ」 補語 方位副詞 人主語
No.9 be under control 「コントロールされてるよ」 補語 前置詞+名詞 もの主語
No.10 be on a diet 「ダイエットしてるよ」 補語 前置詞+名詞 人主語
No.11 be stolen 「(自転車などが)盗まれてるよ」
     補語 ed形動詞フレーズ  もの主語 ※受身形
No.12 be married 「結婚してるよ 」
     補語 ed形動詞フレーズ  人主語※受身形
No.13 be scolded by mother 「ママに叱られるよ」
     補語 ed形動詞フレーズ  人主語 ※受身形
No.14 be jogging 「ジョギングしてるよ」
     補語 ing形動詞フレーズ  人主語 ※進行形
No.15 be living in Tokyo 「東京に住んでるよ」
     補語 ing形動詞フレーズ  人主語 ※進行形

一般動詞系列の表現
No.16 recover (事業なとが)リカバーする」 もの主語
No.17 occur 「(地震なとが)起こるよ 」 もの主語
No.18 rain a lot 「たくさん雨が降るよ」 もの主語
No. 19 come true 「(夢や願いが)叶うよ」 もの主語
No.20 respect her 「彼女をリスベクトするよ」 人主語
No.21 stay hereここにいるよ 、留まるよ 」 人主語
No.22 do volunteer work 「ボランティアをするよ 」 人主語
No.23 do it oneself 「自分でそれをするよ」 人主語
No.24 have a headache 「頭が痛いよ、頭痛がしてるよ」 人主語
No.25 get a cold 「風邪をひくよ」 人主語
No.26 go there 「そこに行くよ」 人主語
No.27 come here 「ここに来るよ」 人主語
No. 28 have a good time 「楽しく過ごすよ」 人主語
No.29 eat out 「外食するよ 、外で食べるよ 」  人主語
No.30 go to eat 「食べに行くよ」 人主語
====================================



ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料

今なら、受講料は4,800円で受講ができます。
●九九のように覚える英会話 1--37分52秒 教材教材の一部を体験してください。
U-Tube 限定公開と限定公開動画です。

https://youtu.be/0MOhOHRXS98



中嶋太一郎 ツイッター
https://twitter.com/cominica

Utube動画




スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 12:54 | Comment(0) | ファンクションメソッド英語・英会話学習教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする