2011年04月12日

(英語で)彼は向きを変えて、家に向かった


[お知らせ]

「日常会話必須基本16動詞編HTML版」を購入された方の内、ご希望の方にSkypeでの指導をしています。
当教材を使っての学習の進め方へのアドバイス、学習上のご質問に一対一で中嶋太一郎が答えます。

Skypeは、ダウンロードも無料、使用も無料ですが、これを使う場合,Webカメラが必要です。PCに内蔵していればいいですが、だいたい3,000円前後で購入できます。

[今日の学習]

今回をもってmakeの動詞フレーズの学習は終わりです。次回からkeepの動詞フレーズの学習に移ります。

言葉の最小単位は、もちろん単語です。単語と単語が結びついて文となります。
でも単語をいくら覚えても、読解には多少役に立つかもしれませんが、言葉としては身につきません。
英語を言葉として身につけることができるのはフレーズ(意味ある単位)なのです。それは具体的には補語フレーズや動詞フレーズ,そしてそれを運用するのがファンクションフレーズです。

それをどれだけ身につけるか,が英会話学習です。
重要なことは,それを効率的、効果的にするには間口を狭めることです。一つの動詞に着目し、同じパターンのものを攻略する、これが使える語彙力の効果的で、効率的な増強法です。

語彙力増強ということばは、単語を覚えることではありません。

【makeの動詞フレーズ】

makeの動詞フレーズのパターンは以下の通りです。学習はこの順に進んでいきます。当教材ではこのmakeの動詞フレーズだけで,合計142の文例が所収されています。

サンプルを一部公開しています。
ただし、教材の一部を切り取っているので画面が広がります。

   【makeの動詞フレーズのパターン】「日常会話必須基本16動詞編HTML版」より

【解説】

[TWO-WORD] 動詞のフレーズ make

【POINT】

====================================
make against  KEY WORD「対抗」
「反対する」「不利にする、なる」
====================================
====================================
make away  KEY WORD「離脱状態」
「逃げる」
make away with~ 「持ち逃げする」「浪費する」「取り除く(殺す)」
====================================

受講者の方から、どうしてmake awayが「逃げる」という意味になるのか?との質問メールがありました。

私はそれはとても簡単なことと、以下のように説明しました。
makeとawayの間にoneselfを入れてください。
文例では、主語がTheyになっているのでthemselvesとなります。

  They made themselves away.
  彼らは彼ら自身を「離脱状態」に現実化させた

これがネイティブが頭に思い浮かべているイメージです。
またwithは「付帯」を表し、「いくつかの宝石を付帯した状況でということです。

多くの人が英語を勘違いしています。それは「盗む」というのはstealだろ、と思うことです。しかしこれは「盗む」いう行為そのものの表現です。ところがネイティブはもちろん場合によってはそんな表現もしますが,やはり「宝石を持って離脱状態になった」と表現するのが普通です。

彼らの日常会話は,なるべく「よく働く動詞」を使うことです。
日本の英語教育はまったくそれを教えていない。これでは彼らの日常会話についていけないのは当たり前です。

  They made themselves away with several valuable jewels

また「自殺する」もmake away with oneselfと表現しますが,これもsuicideという動詞がありますが、これらの口語は「自分自身を離脱状態にする」ということでしかありません。

このようにとらえたら、awayをoffにすると「急速離脱」のイメージが、またforにすると「対照・目的」を表すことになります。
他のものも理解できなかったら。また質問メールをください。
Two Word Verbsは「丸暗記」の対象ではありません。

ちなみに「two-word verbsこそ英語の心一週間で頭にしみ込むイディオム」には基本動詞についてのTwo Word Verbsを詳しく説明しています。

なお、makeにはmake against(1), make away(2), make for(2), make of(7), make off(1)< make out(4), make over(1), make up(8), make with(2)などのTwo Word Verbsを作ります。

※( )内の数字は当教材所収の文例の数です。

====================================
make for  KEY WORD「対象・目的」
「〜のほうへ行く」「〜の役に立つ」
====================================

【瞬間英作トレーニング】

(1) 彼はその計画案に反対の演説をするつもりだ
● He will +原形動詞フレーズ 
「彼は〜するつもりです」
     make a speech against the plan

(2) 彼らはいくつかの高価な宝石を盗んだ
     make away with several valuable jewels

(3) その不幸な女性は自殺しようとした
* make away with oneself 
「自殺する」
     make away with herself

(4) 彼は向きを変えて、家に向かった
* turn around 
「ぐるりと回る、向きを変える」
     make for home

(5) 仕事に心配事があると楽しい家庭生活は送れない
     make for a happy family life


【解答】

(1) He will make a speech against the plan. 

(2) They made away with several valuable jewels. 

(3) The unhappy woman tried to make away with herself.

(4) He turned around and made for home . 

(5) Anxiety about one's job doesn't make for a happy family life

----------------
make of  「属性」
「〜から、〜を作る」 be made of~「〜から作られている」
----------------
----------------
make off 「急速離脱・中断」
「走り去る、急いで出ていく、逃げる」
----------------
----------------
make over 「覆う」
「譲り渡す」
----------------
----------------
make up 「上方・なし遂げ」
「(欠けたところを)補う、完成する」
「仲直りする」
make up (of)~ 「構成する、作り出す、(受身形で)〜で構成されている、〜でできている」
make up for~「〜で埋め合わせをす、償う」
make~ out of - 「-を〜にする」
----------------
----------------
make with 「付帯」
「〜を始める」
----------------

      サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編
      PDF版より抜粋

※今まで独立して販売しておりました「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編」PDF版は、「日常会話必須基本16動詞編」HTML版の副教材として販売することになりました。
価格は「日常会話必須基本16動詞編」HTML版に含まれています。

      日常会話必須基本16動詞編
      HTML版サンプル
      日常会話必須基本16動詞編
      HTML版動詞フレーズ感覚別表現サンプル
      「日常会話必須基本16動詞編HTML版」に含まれています。

ファンクションメソッド英語研究会発行の電子書籍本 大好評発売中!!
●「たった16の動詞で英語が話せる瞬間英作トレーニング」 PDF版800円(税込)

[受講生の方に]

[英語脳構築プログラム]
Today's Lesson
   表題「make away with several valuable jewels」「いくつかの高価な宝石を盗む」

【一般動詞フレーズ系列のファンクションフレーズ】
一般動詞ファンクションフレーズ
【一般動詞フレーズ5段活用】
=============================
(1) make(s) away with several valuable jewels  現在形動詞フレーズ 
※現在形の肯定形だけで使われる。
(2) made away with several valuable jewels  過去形動詞フレーズ 
過去形の肯定形だけで使われる。
(3) make away with several valuable jewels  原形動詞フレーズ
※命令形,助動詞、to不定詞で使われる。
(4) making away with several valuable jewels  ing形動詞フレーズ
※進行形や動名詞で使われる。
(5) made away with several valuable jewels  ed形動詞フレーズ 
※完了形でで使われる。 
=============================

  She was going to make away with several valuable jewels.
  彼女は、いくつかの高価な宝石を盗むつもりだった

ご覧のブログから「オンライン通信講座受講者用ページ」に入れるようになりました。
ブログの記事に併せて文例や「英語脳構築プログラム」をご覧ください。


IDとpasswordで「日常会話必須基本16動詞編HTML版」へ


お知らせ
このブログは、以下の教材をご購入いただいた方へのサポートブログにもなっています。

「日常英会話必須基本16動詞HTML版」を購入された方には、オンライン受講生としてメールにて「一人一人に対応した学習指導」をしています。学習上のどんな質問にもお答えします。
      「たった16の動詞で英語が話せる」オンライン講座受講生募集中
受講生と言っても特別な申し込みは必要ございません。
教材を購入された方に,ご希望をお聞きすることになっています。
IDとPasswordはその時にお知らせします。

☆ お断り
ブログ配信機能の制限により,「オンライン通信講座受講者用ページ」を設置しているのは以下のブログです。

  seesaa ブログ「16の動詞でこれだけ話せる」 ※ご覧のブログです。

「TOEIC850点攻略・文法編」
同じTOEIC試験に挑むなら,英語を自由に話せるようにならなきゃ!!


☆当講座は、ご希望によりSkypeによる中嶋太一郎との個人指導もしています。

 ☆TOEIC試験指導、たった15日の講座で受講生の平均150点アップを達成してきた指導法を公開

 ブログ「TOEIC850点攻略・文法編」

これが受講生のTOEIC試験平均150点アップをし実現した教材だ!!
fm-"]
fm-"]


ファンクションメソッド 中学英語やり直し大好評教材!!

英語の九九 英会話発想トレーニング社会人のための英語脳構築に最適
「英語の九九英会話発想トレーニング」は「コミニカ英語教材<基礎編>」を社会人のための「やり直し英会話教材」として改訂したものです。
HTML版なので、PCで音声とともにリアルタイムで学習できます。

英会話の九九発想トレーニング前半
英会話の九九発想トレーニング後半

  対応ブログ英語の九九 英会話発想トレーニング
 

ファンクションメソッド英語研究会発行の電子書籍本

●「速修一週間英語脳構築プログラム」PDF版1,200円(税込)
●「ムリなく話せるイメトレ英語学習法」 PDF版 Audio CD1枚付1,300円(税込)
●「たった16の動詞で英語が話せる瞬間英作トレーニング」 PDF版800円(税込)
●「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法」 PDF版800円(税込)
●「ファンクションメソッド英会話独習テキスト」 PDF版900円(税込)
●「一週間に心にしみこむイディオム」 PDF版800円(税込)
●「英語脳構築・オウム返し英会話学習法」 PDF版 Audio CD1枚付1,300円(税込)

--------------------------------------------------------------------------------
[ご注意]このブログに掲載されている文書・画像・映像・写真等の著作権はファンクションメソッド英語研究会(コミニカ英語研究会)中嶋太一郎に帰属し、許諾なく 複製・頒布を行うことは 法律で固く禁じられています。
特に各種「コミニカ英作法」「英語の九九ファンクションフレーズテーブル」等の使用について当研究会の許諾を得てください。
       ファンクションメソッド英語研究会ホームページ
--------------------------------------------------------------------------------


スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動詞 makeでこれだけ話せる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック