2011年07月27日

(英語で)私は風邪をひいてゆううつになります


[お知らせ]

U-tubeにUp-loadしました。

 今どうして、ファンクションメソッドなのか?!
 この英語発想を身につけないから英語が言葉として定着・蓄積しないのだ

 現在、脚光を浴びている日本人のための英語・英会話メソッド


  自由に英語を話したい その1 言葉の習得はオウム返しで始まる

  自由に英語を話したい その2 好き嫌いは子どもの最大の興味

  自由に英語を話したい その3 親は命令形を使って言葉を教える

  自由に英語を話したい その4  これが英語の発想だ!!
  本日(27日中にUp-load予定
--------------------------------------------------------------

今まで中嶋太一郎著作の市販本や当研究会発行の教材などを購入していただいた方へのサポートとして,また教材を購入やオンライン講座の受講を検討されている方のためにファンクションメソッドをくわしく説明しています.

[今日の学習]

言葉の最小単位は、もちろん単語です。単語と単語が結びついて文となります。
でも単語をいくら覚えても、読解には多少役に立つかもしれませんが、言葉としては身につきません。

英語を言葉として身につけることができるのはフレーズ(意味ある単位)なのです。それは具体的には補語フレーズや動詞フレーズ,そしてそれを運用するのがファンクションフレーズです。
それをどれだけ身につけるか,が英会話学習です。

さらに重要なことは,それを効率的、効果的にするには間口を狭めることです。一つの動詞に着目し、同じパターンのものを攻略する、これが使える語彙力の効果的で、効率的な増強法です。

ファンクションフレーズと動詞フレーズを別個に暗記し,それを定着・蓄積していく、これが、これが国際水準です。

[goの動詞フレーズ]

goの動詞フレーズのパターンは以下の通りです。学習はこの順に進んでいきます。当教材ではこのgoの動詞フレーズだけで,合計139の文例が所収されています。

一部サンプルを公開しています。ぜひご覧ください。
ただし、教材の一部を切り取っているので画面が広がります。

   【goの動詞フレーズのパターン】「日常会話必須基本16動詞編HTML版」より

【解説】

[VC感覚] go+形容詞(補語)

go+形容詞(補語)の動詞フレーズ。

goの基本的な意味が「進行する」ということで、「形容詞が表すある状態に進行する」といった表現となる。
ここでも、get,make,keepと同様、意味は異なるがbe動詞で表現できる。
つまりbe動詞+補語の表現が基本であり,これが一般動詞(get,make,keepなど)+補語へと展開することになる。これがbe動詞系列から一般動詞系列への表現展開だ。

  The meat was bad.   
  その肉は腐っていた
  The meat went bad.   
  その肉は腐った

  I am blue with cold.   
  私は風邪をひいてゆううつです
  I go blue with cold.   
  私は風邪をひいてゆううつになっています

  その子供たちを大目に見てやってください!
  割り勘にしましょう
  私たちは、怒りで赤く、青ざめ、白くなる
  このネクタイはこのスーツによく合う

など、当教材には,このパターンの動詞フレーズは20例所収されています。

また 教材を購入された方は同じVC感覚を持つget,make,keepなどの動詞フレーズと対照学習をしてください。
対照学習することによって確実に語彙が増えます。

【瞬間英作トレーニング】

(1) この暑さでは、肉は傷んでいると私は思います
● I'm afraid that +節 
「〜と思う」
よくない事・心配な事を表現するとき、 語気をやわらげるのに用います。
     go bad

(2) すべて予期していた以上にうまく運んだ
* than I expected 「予期していたよりも」
than I thought  「思っていたよりも」
     go better

(3) あなたは頭がはげるだろう
     go bald

(4) 私は風邪をひいてゆううつになります
* withは「付帯」を表し、ここでは病気。
      go blue

(5)「あせらないで、ビル」「わかった、のんびりやるよ」
      go easy


【解答】

(1) I'm afraid that the meat has gone bad in this hot weather.

(2) Everything went better than I expected.

(3) You will go bald.

(4) I'll go blue with cold.

(5) "Take it easy, Bill." - "Okay, I'll go easy".

ファンクションメソッド英語研究会発行の電子書籍本 大好評発売中!!
●「たった16の動詞で英語が話せる瞬間英作トレーニング」 PDF版800円(税込)

      サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編
      PDF版より抜粋

※今まで独立して販売しておりました「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編」PDF版は、「日常会話必須基本16動詞編」HTML版の副教材として販売することになりました。
価格は「日常会話必須基本16動詞編」HTML版に含まれています。

      日常会話必須基本16動詞編
      HTML版サンプル
      日常会話必須基本16動詞編
      HTML版動詞フレーズ感覚別表現サンプル
      「日常会話必須基本16動詞編HTML版」に含まれています。

[受講生の方に]

目的格補語が原形動詞フレーズであるget, let, haveの動詞フレーズの表現の違いを比べてください.

受講生の方には,サクサク瞬間英作トレーニング教材と英語脳構築プログラムにお進みください。

[英語脳構築プログラム]
Today's Lesson
   表題「 go easy」 「気楽にやる」

=============================
【一般動詞フレーズ系列のファンクションフレーズ】
一般動詞ファンクションフレーズ
4時制
【一般動詞フレーズ5段活用】
=============================
(1) (go(es) easy  現在形動詞フレーズ
※現在形の肯定形だけで使われる。 
(2) (went easy  過去形動詞フレーズ
※過去形の肯定形だけで使われる。 
(3) go easy  原形動詞フレーズ
※命令形,助動詞、to不定詞で使われる。
(4) going easy  ing形動詞フレーズ
※進行形や動名詞で使われる。
(5) gone easy   ed形動詞フレーズ
※完了形で使われる。  
=============================

  I want to go easy.
  私は,気楽にやりたい

ご覧のブログから「オンライン通信講座受講者用ページ」に入れるようになりました。
ブログの記事に併せて文例や「英語脳構築プログラム」をご覧ください。


IDとpasswordで「日常会話必須基本16動詞編HTML版」へ


[お知らせ]

「日常英会話必須基本16動詞HTML版」を購入された方には、オンライン受講生としてメールにて「一人一人に対応した学習指導」をしています。学習上のどんな質問にもお答えします。

ご希望の方にSkypeでの指導をしています。

当教材を使っての学習の進め方へのアドバイス、学習上のご質問に一対一で中嶋太一郎が答えます。

Skypeは、ダウンロードも無料、使用も無料ですが、これを使う場合,Webカメラが必要です。PCに内蔵していればいいですが、だいたい3,000円前後で購入できます。

      「たった16の動詞で英語が話せる」オンライン講座受講生募集中

受講生と言っても特別な申し込みは必要ございません。
教材を購入された方に,ご希望をお聞きすることになっています。
IDとPasswordはその時にお知らせします。

☆ お断り
ブログ配信機能の制限により,「オンライン通信講座受講者用ページ」を設置しているのは以下のブログです。

  seesaa ブログ「16の動詞でこれだけ話せる」 

[お知らせ]

以下はファンクションメソッドによる「中学英語やり直し講座」のブログです。実力に応じて利用してください。

  ブログ 「書いて聞いて覚える中学英語学習
  ブログ 「英語の九九 英会話発想トレーニング」 
 ブログ 「コミニカ中学英語基礎編

ファンクションメソッド英語研究会発行の電子書籍本

●「速修一週間英語脳構築プログラム」PDF版1,200円(税込)
●「ムリなく話せるイメトレ英語学習法」 PDF版 Audio CD1枚付1,300円(税込)
●「たった16の動詞で英語が話せる瞬間英作トレーニング」 PDF版800円(税込)
●「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法」 PDF版800円(税込)
●「ファンクションメソッド英会話独習テキスト」 PDF版900円(税込)
●「一週間に心にしみこむイディオム」 PDF版800円(税込)
●「英語脳構築・オウム返し英会話学習法」 PDF版 Audio CD1枚付1,300円(税込)

--------------------------------------------------------------------------------
[ご注意]このブログに掲載されている文書・画像・映像・写真等の著作権はファンクションメソッド英語研究会(コミニカ英語研究会)中嶋太一郎に帰属し、許諾なく 複製・頒布を行うことは 法律で固く禁じられています。
特に各種「コミニカ英作法」「英語の九九ファンクションフレーズテーブル」等の使用について当研究会の許諾を得てください。
       ファンクションメソッド英語研究会ホームページ
--------------------------------------------------------------------------------


スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動詞goでこれだけ話せる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック