2011年08月24日

(英語で)彼のところにこの書類を届けてください


[お知らせ]

英語ほど簡単な言葉はありません。英語が国際語となっているのは別にイギリスとアメリカが経済や軍事において強国だからということではありません。
もう一度くり返します.英語ほど簡単な言葉はないからです。

その合理的でシンプルなしくみを見ていただきたいと思い、私は最近、「英語脳構築プログラム実況中継」をU-tubeにUp-loadしました。

そのUp-loadしたものには二つの系列のものがあります.
それは英語はbe動詞と一般動詞系列の二つしかないからです。

一つは、be動詞系列のもの、「その1では」その全体の仕組みを述べ、続いて「その2」から「その8」まで、以下にあげた補語のタイプについて個別に説明しています.

  補語 (1)形容詞、(2)名詞、(3)方位副詞、(4) 前置詞+名詞
     (6) ing形動詞フレーズ(進行形)、(7) ed形動詞フレーズ(受身形)
     (8) There is ~

そして一般動詞系列のものについては、「その9」と「その10」をあげています。

    その9は「V感覚のもの」、その10は「VO感覚のもの」

私は、それに引き続いてその11(VC感覚)、その12(VOO感覚)、その13(VOC感覚)のものと準備をしましたが、Up-loadをしませんでした。

理由は簡単です.「バカらしくなった」からです。少し不謹慎ですが、心からそう思いました.

敏感な方は気づかれたと思いますが、be動詞系列の説明でも進むに連れて私が「イライラしている」ことに気づかれたと思います.

私は、毎度同じファンクションフレーズのテーブルの紙を手に取って毎度同じことをくり返しているからです.本心は「なんで同じことばかりをくり返さなあかんねん」でした。
簡単に言えば、補語のパターンは変わっていますが、それを表現展開する、つまり運用はまったく変わらないからです。

まず英語には、現在形、過去形、未来形、そして現在完了形という4つの基本時制があります。
そしてその一つ一つの時制に場所軸として、肯定、否定、疑問、否定疑問表現があるということです。
この骨組みは上にあげたすべての補語のパターンの表現展開に共通しています.
簡単に言えば、例えば「人」を主体とするbe動詞現在形のファンクションフレーズのテーブルがあります.このファンクションフレーズにすべての補語のパターンか結びつく、ただそれだけのことです。

○英語の九九 ファンクションフレーズテーブル be動詞 現在形
table-1 

一方一般動詞系列ではどうでしょう。
これは一般動詞系列現在形のファンクションフレーズのテーブルですが、一般動詞が目的語をとってもとらなくても、あるいは補語をとってもとらなくても、あるいはイディオムだとか連語だと言われるものも一般動詞系列である限り表現展開、運用は同じだということです。

○英語の九九 ファンクションフレーズテーブル 一般動詞 現在形
table-1 

だから、続くVC感覚やVOC感覚などをUp-loadしなかったというワケです.
もちろんこのワケはこのブログを読んでこられた方は気づかれていると思います.

「英語脳構築プログラム実況中継」に興味のある方は、
ご面倒ですが、以下のアドレスをクリックし、下記のことばで検索してください.

 U-tube


ネイティブの人たちはもちろん、日本人以外の非英語圏の人たちの英語・英会話学習は補語・動詞フレーズを覚えたら、それをどのようにして表現展開するか、というトレーニングをします.

日本人だけが明治時代から続く読解のための文法理論でマグロの解体ショーをしている.
いつまでこんんな状態が続くのでしょうか.

現在私が配信している下記のブログでファンクションメソッドについて特集しています.
ファンクションメソッドは、どのようにして英語を言葉として紡ぐかというトレーニングを支える我が国ただ一つのメソッドです.

  ブログ「英語の九九 英会話発想トレーニング」

--------------------------------------------------------------

[今日の学習]

 take の動詞フレーズ

takeの動詞フレーズのパターンは以下の通りです。学習はこの順に進んでいきます。当教材ではこのtakeの動詞フレーズだけで,合計82の文例が所収されています。

一部サンプルを公開しています。ぜひご覧ください。
ただし、教材の一部を切り取っているので画面が広がります。

   【takeの動詞フレーズのパターン】「日常会話必須基本16動詞編HTML版」より

【解説】
[VOO感覚] take+目的語(名詞)+目的語(名詞)

【POINT】

この動詞フレーズのパターンは、take+名詞+名詞の形でひとまとまりの意味ある単位を作り上げています。この2つの名詞はいずれも目的語です。
一般的に言えば、take someone somethingのパターンとなる。
てずれにしてもtakeは「対象へのとっかかり」を表します。
「とっかかった」からには、それを誰かに届けるというのがこのパターンでの表現です。

  Take this note.
  この書類を届けてください(持っていってください)
      ↓
  Take him this note.
  彼のところにこの書類を届けてください

このパターンでもっともよく登場する表現に「〜するのに何時間かかる」といったものがあります。

  ● It take +O+ (時間など) +to+原形動詞フレーズ

 「車でここから東京へ行くのに私は5時間かかった」
     take me five hours
  It took me five hours to drive from here to Tokyo.
 「彼は新車を買うお金を貯めるのに2年かからなかった」
 「あなたはその問題を解決するのに3日かからないでしょう」

その他当教材所収の文例には以下のようなものがあります。

 それを終えるのに私は2日かからないでしょう
 私が考えていたよりも時間がかかった
 あなたは東京の生活に慣れるまでにどのくらいかかりましたか?

【瞬間英作トレーニング】

(1) 彼のところにこの書類を届けてください
     take him this note

(2) あなたに花を取ってあげましょう
● Let me +原形動詞フレーズ 
「私が〜しましょう」
     take you some flowers

(3) 彼らのところにこれらのビールを持っていきましょう
     take them these beers

(4) この仕事ではずいぶん骨が折れました
* take all one's time
「時間をとる、骨が折れる」
     take me all my time


【解答】

(1) Take him this note.

(2) Let me take you some flowers.

(3) Let me take them these beers.

(4) This work has taken me all my time.

ファンクションメソッド英語研究会発行の電子書籍本 大好評発売中!!
●「たった16の動詞で英語が話せる瞬間英作トレーニング」 PDF版800円(税込)

      サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編
      PDF版より抜粋

※今まで独立して販売しておりました「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編」PDF版は、「日常会話必須基本16動詞編」HTML版の副教材として販売することになりました。
価格は「日常会話必須基本16動詞編」HTML版に含まれています。

      日常会話必須基本16動詞編
      HTML版サンプル
      日常会話必須基本16動詞編
      HTML版動詞フレーズ感覚別表現サンプル
      「日常会話必須基本16動詞編HTML版」に含まれています。

[受講生の方に]

受講生の方には,サクサク瞬間英作トレーニング教材と英語脳構築プログラムにお進みください。
Today's Lesson
   表題「take them these beers」「これらのピールを彼らに持っていく」

【一般動詞フレーズ系列のファンクションフレーズ】
一般動詞ファンクションフレーズ
【一般動詞フレーズ5段活用】
=============================
(1) (take(s) them these beers  現在形動詞フレーズ 
※現在形の肯定形だけで使われる。
(2) (took them these beers  過去形動詞フレーズ 
※過去形の肯定形だけで使われる。
(3) take them these beers  原形動詞フレーズ
※命令形,助動詞、to不定詞で使われる。
(4) taking them these beers  ing形動詞フレーズ
※進行形や動名詞で使われる。
(5) taken them these beers  ed形動詞フレーズ 
※完了形で使われる。 
=============================

  Will you taken them these beers?
  あなた、これらのピールを彼らに持っていってくれませんか?

ご覧のブログから「オンライン通信講座受講者用ページ」に入れるようになりました。
ブログの記事に併せて文例や「英語脳構築プログラム」をご覧ください。


IDとpasswordで「日常会話必須基本16動詞編HTML版」へ


[お知らせ]

「日常英会話必須基本16動詞HTML版」を購入された方には、オンライン受講生としてメールにて「一人一人に対応した学習指導」をしています。学習上のどんな質問にもお答えします。

ご希望の方にSkypeでの指導をしています。

当教材を使っての学習の進め方へのアドバイス、学習上のご質問に一対一で中嶋太一郎が答えます。

      「たった16の動詞で英語が話せる」オンライン講座受講生募集中

受講生と言っても特別な申し込みは必要ございません。
教材を購入された方に,ご希望をお聞きすることになっています。
IDとPasswordはその時にお知らせします。

☆ お断り
ブログ配信機能の制限により,「オンライン通信講座受講者用ページ」を設置しているのは以下のブログです。

  seesaa ブログ「16の動詞でこれだけ話せる」 

[お知らせ]

以下はファンクションメソッドによる「中学英語やり直し講座」のブログです。実力に応じて利用してください。

  ブログ 「書いて聞いて覚える中学英語学習
  ブログ 「英語の九九 英会話発想トレーニング」 
 ブログ 「コミニカ中学英語基礎編

ファンクションメソッド英語研究会発行の電子書籍本

●「速修一週間英語脳構築プログラム」PDF版1,200円(税込)
●「ムリなく話せるイメトレ英語学習法」 PDF版 Audio CD1枚付1,300円(税込)
●「たった16の動詞で英語が話せる瞬間英作トレーニング」 PDF版800円(税込)
●「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法」 PDF版800円(税込)
●「ファンクションメソッド英会話独習テキスト」 PDF版900円(税込)
●「一週間に心にしみこむイディオム」 PDF版800円(税込)
●「英語脳構築・オウム返し英会話学習法」 PDF版 Audio CD1枚付1,300円(税込)

--------------------------------------------------------------------------------
[ご注意]このブログに掲載されている文書・画像・映像・写真等の著作権はファンクションメソッド英語研究会(コミニカ英語研究会)中嶋太一郎に帰属し、許諾なく 複製・頒布を行うことは 法律で固く禁じられています。
特に各種「コミニカ英作法」「英語の九九ファンクションフレーズテーブル」等の使用について当研究会の許諾を得てください。
       ファンクションメソッド英語研究会ホームページ
--------------------------------------------------------------------------------


スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動詞takeでこれだけ話せる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック