2016年01月14日

語彙力増強英会話実況中継 31/31動詞say


日本人が知らない日本の英語教育の秘密

Basic Englishの基本16動詞は日本語の当用漢字のようなもの!
場面に応じた自由な英会話をする場合には、「よく働く動詞」の守備範囲と応用範囲を徹底的に学ぶ必要がある!
多くの人が「自由に英会話が話せる」には、なるべく多くの単語を覚えることが欠かせないと考えているが、これはある意味で間違っている。
イギリスの言語学者、C. K. Ogden (1889-1957)は、たった850語が20,000語に相当する働きをするとし、Basic Englishというものを提唱した。この内動詞だけに注目すれば、動詞はたった16だ。彼は無制限な語彙を使わなくても、英語は一定の範囲の基礎語の組み合わせで多様な意味を表し、かつ英語にはそのようなことばを好んで使う傾向があるとした。
ちなみに、「英会話必須基本16動詞 HTML版」や「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編」、そしてEnglish-trekking,E-TREKKING教材は、Basic Englishの影響を受けた教材です。

 「ファンクションメソッドオンライン講座
 当講座は3ヶ月単位となっていますが、講座はくり返し続きます。
 登録料の意味は、「くり返し受講」ができるということです。

  ※現在「英語脳構築オンライン講座 81/90(90回シリーズ)へと進んでいます!
  以下は、現在、稼働中のオンライン講座開講中のブログです。
  STEP3 「ムリなく話せるイメトレ英会話学習法」

 「ファンクションメソッド英語研究会 face book

 U-Tube 中嶋太一郎動画・再生リスト

[当ブログは【日常英会話必須基本16動詞HTML版】を購入された方をサポートします]

【対照学習】ができるのが特色です。
これは英語の語彙を有機的にとらえることが可能です。具体的な指示は当ブログ内で行います。

 「HTML版動詞フレーズ感覚別表現」

[今日の学習]



■send の動詞フレーズ
この語のroot senseは、「自分が移動しないで、物や人を行かせる」、つまり「人や物を送り出す」ということだ。多くの人が、「送る」と覚えているが、同じ「送る」でも、次の例文のようにsendを使えないことがあるので注意してください。
  I'll take her back home.
  私は彼女を家に送ります
  I'll see her home.
  私は彼女を家に送ります
従って、次の文は「自分も一緒に行って送る」という意味にはならない。
  I'll send her home.
  私は彼女を家に送ります
おわかりのようにこれでは、「彼女を家に送る」といっても、自分も一緒に行って
送るということにはならず、例えば、「パックで送る」ということになってしまう。

【sendの動詞フレーズのパターン】
 (1) V感覚 send+(副詞)
   Please send when you are in need of me.
   あなたが私を必要とするときには、人をよこしてください
 (2) V→O感覚 send+名詞 (目的語)
   I will send a birthday present.
   誕生日プレゼントを送るつもりです
 (3) V→O→O感覚 send+名詞(目的語)+名詞(目的語)
   He has already sent me fifteen.
   彼はもうすでに私に15個送ってくれました
 (4) V→O感覚 send +that+節
   Heaven send (that) my son comes back safely.
   息子が無事に帰りますように!
 (5) two-word verbs
   Please send away this cat! 「離脱状態」
   このネコをあっちへやってください!

 以上の記事は「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編 PDF版」から引用しています.

   サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編
      PDF版より抜粋

   日常会話必須基本16動詞編
      HTML版サンプル

   日常会話必須基本16動詞編
      HTML版動詞フレーズ感覚別表現サンプル
      「日常会話必須基本16動詞編HTML版」に含まれています。

--------------------------------------
【お知らせ】

 ファンクションメソッド英語研究会カート

DL-MARKET

ファンクションメソッド英語研究会HP
スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動詞sendでこれだけ話せる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432549864
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック