2016年07月14日

日常英会話必須基本16動詞 動詞sendでこれだけ話せる その3

ファンクションメソッド英語研究会カート

[TWO-WORD] 動詞のフレーズ send
send away  KEY WORD「離脱状態」
「あちらにやる」「暇を出す」
send back  KEY WORD「後退」
「送り返す」
send down  KEY WORD「下方」
be sent down 「停学させられる」
send for KEY WORD「対象・目的」
「人を呼ぶ、人に来てもらう」
「〜を注文する、送るように頼む」
----------------------------------------------------------
語彙力増強英会話実況中継 31/31 動詞send プロモーション



【sendの動詞フレーズ】
sendの動詞フレーズのパターンは以下の通りです。学習はこの順に進んでいきます。当教材ではこのsendの動詞フレーズだけで,合計46の文例が所収されています。
サンプルを一部公開しています。
ただし、教材の一部を切り取っているので画面が広がります。

   【sendの動詞フレーズのパターン】「日常会話必須基本16動詞編HTML版」より

【解説】
この語のroot senseは、「自分が移動しないで、物や人を行かせる」、つまり「人や物を送り出す」ということだ。多くの人が、「送る」と覚えているが、同じ「送る」でも、次の例文のようにsendを使えないことがあるので注意してください。
  I'll take her back home.
  私は彼女を家に送ります
  I'll see her home.
  私は彼女を家に送ります
従って、次の文は「自分も一緒に行って送る」という意味にはならない。
  I'll send her home.
  私は彼女を家に送ります
おわかりのようにこれでは、「彼女を家に送る」といっても、自分も一緒に行って送るということにはならず、例えば、「パックで送る」ということにもなってしまう。

[TWO-WORD] 動詞のフレーズ send
【POINT】

====================================
send away  KEY WORD「離脱状態」
「あちらにやる」「暇を出す」
====================================
send back  KEY WORD「後退」
「送り返す」
====================================
send down  KEY WORD「下方」
be sent down 「停学させられる」
====================================
send for KEY WORD「対象・目的」
「人を呼ぶ、人に来てもらう」
「〜を注文する、送るように頼む」
====================================

【瞬間英作トレーニング】

(1) 私はすでにその事務員に給料を支払って、暇を出した
● I have already +ed形動詞フレーズ 「私はもう〜した」完了
* pay 人 off 「人に給料を払う」
     sent her away
(2) 手紙はすべて送り返されてきた
     be sent back
(3) 下に頼んでコーヒーをもっと持ってきてもらいます
     send down to the kitchen
(5) 医者を呼んでください、けが人がいるのです
* be hurt / get hurt「怪我をする」
     send for a doctor

【解答】
(1) I have already paid his clerk off and sent her away.
(2) All the letters were sent back. 
(3) I'll send down to the kitchen for some more coffee.  
(5) Please send for a doctor; a man has been hurt.

sendのTwo Word Verbsには他に以下のようなものがあります。
当教材には22文例が所収されています。
---------------
send home homeの基本的な意味 「家に」
「家まで送る」
---------------
send in inの基本的な意味 「範囲内」
「提出する、申し込む」
---------------
send off offの基本的な意味 「急速離脱・中断」
「見送る」
---------------
send on onの基本的な意味 「密着・継続」
---------------
send out outの基本的な意味 「範囲外」
「〜を発送する」「臭いなどを放つ」
---------------
send over overの基本的な意味 「覆う」
「(人のいるところへ)送る、(人を)行かせる」
---------------
send up upの基本的な意味 「上方・なし遂げ」
「〜を上げる」
---------------
  以上の記事は「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編 PDF版」から引用しています

   日常会話必須基本16動詞編
      HTML版サンプル

   日常会話必須基本16動詞編
      HTML版動詞フレーズ感覚別表現サンプル
      「日常会話必須基本16動詞編HTML版」に含まれています。

   Real Player

当教材はHTMLによって製作されており,お持ちのプラウザ(Safari, Chrome, MSIE, Firefox, Netscape, Opera,など)で使用できます。さらにReal Playerでも使用していただけます。
ダウンロードしていた教材サンプルのフォルダにある「INDEX.html」にマウスを当て,PCの「ファイルを開く」から「このプラウザで開く」でReal Playerを選択してください。
但し、フォルダにあるindex.htmlは本編のもの、index-2.htmlは「感覚別表現」です。

  日常会話必須基本16動詞編HTML版サンプル
------------------------------
[英語脳構築プログラム] 省略

  U-tube 電子書籍「即修一週間英語脳 構築プログラム」 プロモーション
--------------------------------------
ファンクションメソッド英語研究会カート

◉GigaFile「Giga File便」ファイル転送販売について
GigaFile(ギガファイル)便とは簡単無料大容量のファイル転送サービスです御注文されたメールアドレスに教材のダウンロード用のURLをお送りします。そのURLをクリックするとダウンロード専用の画面に進み、ファイルのダウンロードが開始されます。※ファイルは、アップロード後7日間(168時間)保持されます。
代金引換、郵便振込、銀行振込、Paypalなどはお振込が確認され次第ダウンロード用のURLをお送りします。
--------------------------------------
「ファンクションメソッドオンライン講座

 当講座は3ヶ月単位となっていますが、講座はくり返し続きます。
 登録料の意味は、「くり返し受講」ができるということです。

当オンライン講座を構成する各3つのステップはそれぞれ1ヶ月間の構成であり、3ヶ月(90日間)がワンクールとなっています。この第2クールでの改訂では、オンライン講座用の3つの専用ブログではネイティブスピーカーによるトレーニングは音声同期となります。スマートホンなどで気軽に学習してください。毎日約20分程度の学習で英語脳習得ができます。

  以下は、次回からのオンライン講座開講中のブログです。
ファンクションメソッド 英会話通信講座 STEP3 「ムリなく話せるイメトレ英会話学習法

U-Tube 中嶋太一郎動画・再生リスト

「ファンクションメソッド英語研究会 face book

ファンクションメソッド英語研究会発行の電子書籍(動画紹介)
【ファンクションメソッド英語・英会話独習テキストHTML版】
fm-"DLmarketで購入

【日常英会話必須基本16動詞(HTML版・音声つき)】
日常英会話必須基本16動詞DLmarketで購入
【ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版・音声つき)】
ネイティブが選んだ62動詞DLmarketで購入
【「ENGLISH-TREKKING教材」Vol.1?Vol.5 (HTML・PDF版)】
ENGLISH-TREKKING教材DLmarketで購入

 【ファンクションメソッド中学英語やり直し教材】
【英語の九九 英会話発想トレーニング HTML版】
英会話発想トレーニングDLmarketで購入
【コミニカ中学英語_基礎編_Bセット (PDF版,音声つき)】
コミニカ中学英語DLmarketで購入
電子書籍動画電子書籍動画電子書籍動画電子書籍動画電子書籍動画
電子書籍動画電子書籍動画電子書籍動画電子書籍動画電子書籍動画

カバー-1

スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動詞sendでこれだけ話せる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック