2017年03月29日

日常英会話必須基本16動詞 動詞sendでこれだけ話せる その2




【どうして日本人は英語を話せないのか?】゜

たった16の動詞で日常会話のすべてができると指摘したのはイギリスの言語学者、C. K. Ogden (1889-1957)だ。彼はたった850語が20,000語に相当する働きをするとし、Basic Englishというものを提唱した。
この内動詞だけに注目すれば、動詞はたった16だ。彼は無制限な語彙を使わなくても、英語は造語法*や一定の範囲の方位語(方位副詞。前置詞)の組み合わせで多様な意味を表し、しかも英語のネイティブスピーカーにはそのような表現を好んで使う傾向があるとした。
英語で何かを表現したいときに、日本語の意味に当たる英語の動詞が何かと考えるよりも、「よく働く動詞」16の内の何を使うかと考える方が、はるかに効率がいい。

つまり間口をせばめて攻略するのが英語という外国語を修得する大きなポイントの一つだと言える。場面に応じた自由な英会話をする場合には、「よく働く動詞」の守備範囲と応用範囲を徹底的に学ぶ必要がある。

【sendの動詞フレーズ】


sendの動詞フレーズのパターンは以下の通りです。学習はこの順に進んでいきます。当教材ではこのsendの動詞フレーズだけで,合計46の文例が所収されています。

【解説】
この語のroot senseは、「自分が移動しないで、物や人を行かせる」、つまり「人や物を送り出す」ということだ。多くの人が、「送る」と覚えているが、同じ「送る」でも、次の例文のようにsendを使えないことがあるので注意してください。

  I'll take her back home.
  私は彼女を家に送ります
  I'll see her home.
  私は彼女を家に送ります

従って、次の文は「自分も一緒に行って送る」という意味にはならない。

  I'll send her home.
  私は彼女を家に送ります

おわかりのようにこれでは、「彼女を家に送る」といっても、自分も一緒に行って送るということにはならず、例えば、「パックで送る」ということにもなってしまう。

[VOO感覚] send+名詞(目的語)+名詞(目的語)
【POINT】

この語のroot senseは、「自分が移動しないで、物や人を行かせる」ということ。多くの人が、「送る」と覚えておられますが、同じ「送る」でも、次の例文のようにsendを使えないことがあるので注意してください。
一般的に言えば、do someone somethingのパターンとなる。

  Send the report.
  報告書を送ってよ
     ↓
  Send me the report.
  私に報告書を送ってよ
     ↓
  He send me the report.
  彼は私に報告書を送ってくれた

16動詞の内、VOO感覚、つまり目的語を二つとるものは、get, give, take, make, doと、このsendです。

教材をご購入の方は,ぜひ対照学習をして「使える語彙」を増強させてください.
「日常会話必須基本16動詞編」HTML版動詞フレーズ感覚別表現が便利です.

(8) 私は上司に暑中見舞いを送るつもりです
(9) 彼女は私たちにパーティーへの招待状を送ってきた
(10) どうか私に葉書を送ってください
(11) 私はあなたに愛を送りたい
(13) あとで写真を送りましょう
など

【瞬間英作トレーニング】
(1) 私にあなたとご家族の写真を送ってくださいますか?
     send me some pictures of you and your family
(2) 彼はもうすでに私に15個送ってくれました
● He has already +ed形動詞フレーズ 「彼はもう〜したところです」完了
     send me fifteen
(3) なんでもいいからあなたの旅行中のニュースを知らせてください
* anyは形容詞で、「どんな、いかなる」の意味。
     send me any news of your travels
(4) 私はあなたに小さなスケッチを送りできます
     send you a little sketch


【解答】
(1) Will you send me some pictures of you and your family?
(2) He has already sent me fifteen.
(3) Send me any news of your travels!
(4) I can send you a little sketch.

   日常会話必須基本16動詞編
      HTML版サンプル

   日常会話必須基本16動詞編
      HTML版動詞フレーズ感覚別表現サンプル
      「日常会話必須基本16動詞編HTML版」に含まれています。

   Real Player

当教材はHTMLによって製作されており,お持ちのプラウザ(Safari, Chrome, MSIE, Firefox, Netscape, Opera,など)で使用できます。さらにReal Playerでも使用していただけます。
ダウンロードしていた教材サンプルのフォルダにある「INDEX.html」にマウスを当て,PCの「ファイルを開く」から「このプラウザで開く」でReal Playerを選択してください。
但し、フォルダにあるindex.htmlは本編のもの、index-2.htmlは「感覚別表現」です。

  日常会話必須基本16動詞編HTML版サンプル

[英語脳構築プログラム] 省略

  U-tube 電子書籍「即修一週間英語脳 構築プログラム」 プロモーション

○「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継 動画」について

https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/edit/input?id=97715971

教材「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継 動画」は以下の教材を購入された方に閲覧していただけます。(音声付き解説全15時間動画)

 ◉ ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料)
 ◉ 日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 ◉ 日常英会話必須基本16動詞(HTML版)
 ◉ ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 ◉ コミニカ中学英語 Aセット
 ◉ コミニカ中学英語団体使用
 ◉ コミニカ中学英語Bセット
 ◉ ENGLISH-TREKKING教材」Vol.1〜Vol.5
 ◉ 英語の九九 英会話発想トレーニング HTML版
 ◉ ファンクションメソッド英語・英会話独習テキストHTML版

スポンサードリンク



[当研究会からのお知らせ]

当研究会からのお知らせ

ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート

スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動詞sendでこれだけ話せる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック