2019年08月03日

第クール10 3ヶ月で英語脳構築63/90)  (英語で)用意しなさい!, おもちゃを拾いなさい!


さて、皆さんはbeingで始まるフレーズのいテレビのコマーショルを見られたことがあるだろうか。
うかつにもそれを覚えていないのが残念だ。
例えば、これはマツダ自動車のBe a driverの、Being a driverといった表現だ。
言うまでもなく、be動詞系列の非時制動詞フレーズは以下のたった3つだ。
参考にもう一つの系列である一般動詞系列のものもあげておく。
 (1) be a driver, (2) being a dtiver, (3) been a driver
 (1) drive a car(2) drove a car, (3) driven a car
この(1)私の言う原形動詞フレーズであり、(2)はing形動詞フレーズ、(3)はed形動詞フレーズだ。
そして
(1)は、命令形、未来形、to+不定詞などで使われ、「継続的な意味」を表し、進行形では使われないが動名詞で使われる。さらにed形動詞フレーズは完了形で使われ過去の継続状態を表す。
 (1-1) Be a driver. 運転しなさい
 (1-2) I will be a driver. 運転するよ
 (1-3) I want to be a driver. 運転したいよ
 (2-1) It's fun (of) being a driver. 運転するのは楽しいよ
 (2-2) I don't like being a driver. 運転するのは好きでないよ
 (3-1) I have been a driver. ずっと運転したのよ
コマーショルに、beingの動詞フレーズが登場するのを見て、日本の英会話能力がやっとここまで来たのかと感動した。
私は、この展開が簡単にできることを願って、このオンライン講座もそうだが、様々な教材や英会話の本を著してきたのだ。

英語ほど簡単な言葉はない」と
ひとまとまりの行為・状態論
参議院議員の青山茂晴氏は、英語が話せる数少ない議員の一人だ。
彼は中学、高校の課程をミッションスクールで学び、その後早稲田を卒業したが、特別に留学経験も、英会話学校に通った経験もないと言う。
彼が、あるネットの、確かDHCの「虎ノ門ニュース」だと思うが、「科学的でなければならない」と述べ、ボードにto be scientificと書いていた。
私はこれを見て、彼の英会話力はこの中学、高校、つまり6年間で身についたものだと納得した。
まさに、何でも英語の単語を使う、つまり「ルー語」の達人である緑の小池都知事であれば、「サイエンティフィックでなければならない」ということになるだうが。
さて、なぜ青山茂晴氏は、to be scientificと表現したか、それは彼は6年間で「英語脳」を獲得していた証拠だ。
すべて当オンライン講座、STEP1STEP2で学習したことだが、to be scientificといった表現は、すべて原形動詞フレーズを導くことが共通している。とりわけ、日常会話のほとんどがこのフレーズで行われる。彼はそれを知っているから。わざわざto be scientificと表記したのだ。
具体的な運用例をあげることにする。
(
助動詞(情緒動詞)を含むファンクションフレーズ)
 (1) We will be scientific.
 (2) We must be scientific.
 (3 We should be scientific.
 (4) We can be scientific.
(be
動詞系列のファンクションフレーズ)
 (5) We are going to be scientific.
 (6) We are sure to be scientific.
 (7) We are able to be scientific.
 (8) We are ready to be scientific.
(一般動詞系列のファンクションフレーズ)
 (5) We have to be scientific.
 (6) We want to be scientific.
 (7) We seem to be scientific.
 (8) We promise to be scientific.

今回も、「コミニカ英語基礎編」のコミニカ英作法で表現展開を見ていただくことにする。
 (1) 私たちは科学的だ
    <〜は ドンナだ文> ※be動詞系列 中1配当
   @私たちは 〜です → We are
   A科学的だ     → scientific
   (完成文)  → We are scientific.
 (2) 私たちは科学的だった
    <〜は ドンナだ文> ※be動詞系列 中1配当
   @私たちは 〜でした → We were
   A科学的だ      → scientific
   (完成文)  → We were scientific.
 (3) 私たちは科学的であるべきだ
    <〜は ドンナだ文> ※be動詞系列 中2配当
   @私たちは 〜へきだ → We should
   A科学的だ      → be scientific
   (完成文)  → We sould be scientific.
 (3) 私たちは科学的になりたい
    <〜は ドンナだ文> ※一般動詞系列 中2配当
   @私たちは 〜へきだ → We want to
   A科学的だ      → be scientific
   (完成文)  → We wont to be scientific.
進行形はなし
 (4) 私たちはずっと科学的だった
    <〜は ユウする文> ※be動詞系列 中3配当
   @私たちは 〜ユウする → We have
   A科学的だったことを  → been scientific
   (完成文)  → We havebeen scientific.

あなたも英語における映像世界を追体験してください
41
ページから【イメトレNo.9】【イメトレNo.10にあげた命令文を見てほしい。断っておくが、ここに登場しているフレーズの多くは、ネイティブの子どもが2,3歳で耳にする表現だ。
また一方の日本語訳を見てほしい。これらも当然、私たちが子どもの頃耳にしたものはかりだ。子どもは文法も理屈もなく、とにかく生活の中で言葉を覚えていく。彼らが毎日耳にする英語のシャワーは、実はこのようなものだ。
言葉はフレーズで覚えなければ定着・蓄積しない
大切なことは、ネイティブの子どもたちも単語一つ一つではなく、始めから言葉をひとまとまりのもの、つまりフレーズ*として覚えてしまうことだ。日本の英語教育はこの視点が欠けているから、私たちはいつまでも英語が言葉として定着、蓄積していかないのだ、
*
フレーズとは「意味ある言葉の単位」を表す。
=============================

今回の【今日の学習】に移ろう。

PART 1
 ワンフレーズ表現こそが言葉の基本
 CHAPTER 1 言葉の習得はオウム返しで始まる ---16
 CHAPTER 2 好き嫌いは子供の最大興味 ---29
 CHAPTER 3 子供は命令形でことばを身につける ---39
【イメトレ No.9
   
子どもの頃よく耳にする命令 (1)

(7)
Be good (while I'm away)!
   (c私が留守の間) いい子にしていなさいね!
(8)
Be a bit more intelligent!
  もう少し、頭を使いなさい!
(9)
Be reasonable, Tom!
  トム、道理をわきまえなさい

【イメトレ No.10
   
子どもの頃よく耳にする命令 (2)
(11)
Take off your shoes!
 
  靴を脱ぎなさい!
(12)
Get dressed!
 
  服を着なさい!
(13)
Get ready!
 
  用意しなさい!
(14)
Pick up the toys!
 
  おもちゃを拾いなさい!


私は以下の教材をいつでも閲覧できるように、私の使っているGogle Chromeのブックマークに入れて使っている。もちろんこれはブログの記事を作るため、あるいは当オンライン講座を受講している方へのサポートするためだ。以下は、U-Tubeにあげている教材紹介動画だ。ぜひ参考にしていただきたい。 
○当講座 主教材「九九のように覚える英会話」PDF 
○当講座 主教材「オウム返し英会話学習法」PDF 
○当講座 主教材「イメトレ英語学習法」PDF  
○当講座 副教材「話すためのたったこれだけ英文法」PDF 
○当講座 副教材「一週間で頭にしみ込むイディオム」PDF 
○参考教材「日常英会話必須基本16動詞」HTML版 
○参考教材「ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞」HTML版
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ファンクションソッド「世界標準の英作法」講座
以下の教材を購入いただいた方には、無料で講座の受講ができます。教材を鵜入頂いた方には、同時に「ユーザー名」「パスワード」をお送りします。
ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料),日常英会話必須基本16動詞(HTML版・音声つき),,ファンクションメソッド英語・英会話独習テキストHTML版.ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版・音声つき),日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版・音声つき) ,英語の九九 英会話発想トレーニング HTMLコミニカ中学英語<基礎編>Bセット,版,コミニカ中学英語<基礎編>団体使用,,コミニカ中学英語<基礎編> Aセット,ENGLISH-TREKKING教材」Vol.1〜Vol.5
現在以下の教材を購入された方に「電子出版本「話すためのたったこれだけ英文法」を無料進呈しています。

【お知らせ】
CDにての販売以外はのダウンロード販売はBASEに移転しました。BASEでは、ご購入と同時に自動的に教材がダウンロードされます。
各種カードが使えます。
Click!ファンクションメソッド英語研究会


 
 
  
  
 
  
  
  

 
スポンサードリンク






スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 14:39 | Comment(0) | どうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。