2019年10月19日

 世)界標準の英作法 英会話発想トレーニング その160  英語で)、髪をセットしなければなりません


[今日の学習] 

動詞doに込められた英語の設計図を解読する

(1) I have to do up my hair before I go out. 
  私は出かける前に、髪をセットしなければなりません
(23) I can't do with you.
   私はあんたとはやっていけないよ

ベーシックイングリッシュの創始者C.K.Ogden氏はたった16の動詞で日常会話のほとんとができるとした。その場合に活躍するのが方位副詞や前置詞だ。私はこれらをまとめて「方位語」と呼んでいる。
英語は「ものごとを方位や空間でとらえる人たちの言語」なのだ。
当オンラインの副教材に一週間で頭にしみ込むイディオム」を選んだワケはこのことだ。
これらtwo word表現を身につけるには、けっして以下のような日本語訳で丸暗記しないことだ。日本語の発想からとらえようとしないで、英語そのもので意味をとらえようとすることが必要だ。
さて今回の「髪をセットする」という表現はset one's hairとも表現できる。
しかし以下のような表現をするとなると、日本人の多くは辞書で調べようとするだろう。さらに「へとへとになる」となると難しい。
しかしネイティブはそんな表現を簡単な動詞で表現してしまうことをぜひ知るべきだ。
よく留学した人たちが、ネイティブの人たちは自分たちが学校で学んだことがない「ことば」を話してるといった体験をする。その多くはこのtwo word表現だと言って良い。さらに述べたいのことは、「リスニングさえできれば英語が話せる」といった教材がある。doもそれに結びつくupもwithも聞き取ることは可能だ。しかし意味がわからなければ・・・・

upのroot sense 「上方・成し遂げ
*upには「仕上げる」という意味がある。
「(髪型、家、衣類などの)手入れをする」「修繕する」
「包む、包装する、荷造りする」「(ひもなどを)しめる」
「へとへとになる」*受身形で使われることが多い

withのroot sense 「付帯」
「〜を始末する」「〜をどう(に)かする」
「利用する、有効に使う」 *この意味ではcanがつくことが多い。
「〜でどうにかやっていく」「我慢する」
「〜と関係がある」「〜と交際する

【一般動詞フレーズ5段活用
 do up one's hair 「髪をセットする。仕上げる
=============================
(1) do(es) up one's hair  現在形動詞フレーズ 
 ※現在形の肯定形だけで使われる。
(2) did up one's hair    過去形動詞フレーズ
 ※過去形の肯定形だけで使われる。 
(3) do up one's hair   原形動詞フレーズ
 ※命令形,助動詞、to不定詞で使われる。
(4) doing up one's hair   ing形動詞フレーズ
 ※進行形や動名詞で使われる。
(5) done up one's hair   ed形動詞フレーズ
 ※完了形で使われる。 
=============================

ファンクションメソッドでは、一般動詞のタイプを5つにわけている。
 (1) 動詞
 (2) 動詞+補語
 (3) 動詞+目的語+補語
 (4) 動詞+目的語
 (5) 動詞+目的語+補語

申し訳有りませんが、以下は当講座の受講者専用プログに連動しています。受講者は以下のアドレスをクリックして省略された記事をご覧ください。
https://jet2020.blog.ss-blog.jp/2019-10-18
受講生の方は、遠慮なくメールで質問を寄せてください。

【これが国際標準の英会話学習法だ!】
[英会話発想トレーニング 表現の枠組み]
 (1)[基本4時制の展開](現在形) 現在の事実
 (1) 私は、(いま、ふだん)髪をセットする、仕上げる
   → I do up my hair.
 (2)[基本4時制の展開](過去形) ※過去の事実 
 (1) 私は、(その時)髪をセットした、仕上げた
   → I did up my hair.
 (3)[基本4時制の展開](未来形) ※未来の事実
 (1) 私は、(これから)髪をセットするつもりよ、仕上げるつもりよ
   → I will do up my hair.
 (2) 私は、髪をセットしなきゃ、仕上げなきゃ
   → I have to do up my hair
 (4)[基本4時制の展開](現在進行形) ※現在の継続状態
 (1) 私は、髪をセットしてるのよ、仕上げてるのよ 進行形
   →
 (2) 私は、髪をセットしおわったところよ、仕上げたところよ※動名詞
   → 
 (5)[基本4時制の展開](現在完了形) ※現在の付帯状況 
 (1) 私は、ちょうど髪をセットしたところよ、仕上げてるのよ
   → 
 (2) 私は、髪をセットすべきだったよ、仕上げるべきだったよ
   → 

[英会話発想トレーニング 表現の枠組み]は、単にとりあげた文例を丸暗記するべきだと言うことではない。この枠組みを使って以下にあげたフレーズを展開表現をしてほしい。

1) I have to do up my hair before I go out. 
  私は出かける前に、髪をセットしなければなりません
(2) Mother helped me do up my hair
  母が髪をきちんとするのを手伝ってくれた
  * help me+原形動詞フレーズは「私が〜するのを手伝う」の意味。ファンクションフレーズ
(3) She did up the house while I was away.
  私のいない間に、彼女は家を整頓した
(4) 
  彼女は服のチャックを閉め、出かけた
(5) 
  彼女は私のために小包を荷造りしてくれた
(6) 
  彼は古い車を買い、手入れをして3千ドルで売った
(7)                    ※以下は受身形
    ドレスはパーティーに行けるようにきれいになっているよ
(8) 
  荷物は包装されて、郵送できるようになっています
(9) This house must be done up
  この家は手入れをしなければならない-
(10) 
  あなたがこの前に来られてから、この建物は修復されました
(11)
  私の馬は長いこと乗り[走り]続けて疲れ切っていた
(12)
  私はレースが終わって、くたくただった
以上は、ENGLISH-TREKKING教材」Vol.1〜Vol.5 からの引用です。

基礎編として 
【LANK1~60】C.K.OgdenのBASIC ENGLISHに含まれる16の動詞に焦点を当てての配信
be、have、do、get、go、come、make、take、give、put、keep、let、seem、say、see、send
【参考 動画】

ファンクションソッド「世界標準の英作法」講座は以下のファンクションメソッド英会話教材を元に配信しています。
日常英会話必須基本16動詞

英会話学習教材「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ファンクションソッド「世界標準の英作法」講座
以下の教材を購入いただいた方には、無料で講座の受講ができます。
以下の教材を鵜入頂いた方には、同時に「ユーザー名」「パスワード」をお送りします。

ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料),日常英会話必須基本16動詞(HTML版・音声つき),,ファンクションメソッド英語・英会話独習テキストHTML版.ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版・音声つき),日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版・音声つき) ,英語の九九 英会話発想トレーニング HTMLコミニカ中学英語<基礎編>Bセット,版,コミニカ中学英語<基礎編>団体使用,,コミニカ中学英語<基礎編> Aセット,ENGLISH-TREKKING教材」Vol.1〜Vol.5
現在以下の教材を購入された方に「電子出版本「話すためのたったこれだけ英文法」を無料進呈しています。

【お知らせ】
当研究会研究会のカートでの販売(講座登録)
https://cominica.cart.fc2.com/ca30/133/p-r-s/

CDにての販売以外はのダウンロード販売はBASEに移転しました。BASEでは、ご購入と同時に自動的に教材がダウンロードされます。
各種カードが使えます。
Click!ファンクションメソッド英語研究会
Click 
BASEで購入オンライン英会話講座受講申し込み
Click ファンクションメソッド英語研究会発行全教材詳細解説

以下の先頭の3つの動画はファンクションメソッドの基本を中嶋が直接に説明したU-Tubeで大好評を得た動画です。あなたの英会話学習シーンが確実に変わります。

[当研究会からのお知らせ]
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
ファンクションメソッド研究会


スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 09:51 | Comment(0) | 国際標準の英会話学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。