2009年02月21日

【1】誰も教えなかった「よく働く動詞」

 
●動詞はフレーズとして覚えなければ役に立たない
ネイティブの子供たちにとって日常生活の中で蓄えていくのは一つ一つの単語ではなく、動詞を含めたフレーズだ。実際、バイリンガルの友人に聞くと、彼は動詞を聞けば次にどういう名詞が続くのか予想できると、と言う。つまり彼らの感覚では、動詞とそれに続く目的語や補語が一体化しているということだ。
ところが、私たちと言えば、単語は独立して覚える習慣が身についている。「買う」はbuy、「食べる」はeatとといった具合だ。
ところが、私たち日本人にとって単に動詞を単体ではなく、動詞フレーズとして丸暗記する必要はネイティブより増して大きい。

●日本語の発想から抜け出すために
まず、一つに語順の問題がある。
英語を何年も学んだものが、何かを「ゲットする」「メークする」「オープンする」、「ギブアップする」「テークアウトする」と表現したり、何かが「ブレークする」などと表現したりしている。テレビなどでこのような表現を耳にすると、私は日本の英語教育とは何なのかと疑ってしまう。
実は、このようなことが起こるのは、日本語の発想では目的語や補語をまず訳し、動詞に帰るといういわゆる「後戻り訳」をしなければならないことにある。しかしこれは英語の単語を日本語の発想で使っているのに過ぎなく、英語の発想とは無縁なものだ。「何かをゲットする」は日本語の発想に過ぎなく、英語の発想ではget somethingやget someoneなのだ。ただこれだけのことで、英語の発想に身を置くことになる。

(日本語の発想)  
若い女性をgetする  
よくなる      
(英語の発想)
get a young girl
get better

●日本語の発想で立ち向かうべきではない
もう一つの問題は、日本語は動詞表現が豊かな言語だということだ。
当たり前のことだが日本語と英語はまったく異なる言語。多くの人は、日本語の発想から英語をとらえようとしている。これがいかに英語学習を妨げているかほとんどの人は気づいていない。
例えば、以下の日本語と英文を比べていただきたい。前段の動詞フレーズの意味は、「する」が共通しているが、動詞はまるで異なっている。

買い物をする   
do the shopping
デートをする   
have a date
決定する     
make a decision
やけどをする   
get a burn

一方、下にあげものはすべて動詞のgetが使われているが、その意味は「折る」「殴られる」「ひく」「稼ぐ」などとなっている。

腕を折る    
get a broken arm
殴られる    
get a blow
風邪をひく  
get a cold
大金を稼ぐ   
get a lot of money

多くの人は、日本語の発想から、様々な表現における「する」にはどんな動詞を使うか、あるいは「腕を折る」「殴られる」「風邪をひく」「大金を稼ぐ」など、「折る」「殴られる」「する」「ひく」に当たる英語の動詞は何かと考え込むことが多いと思う。
これが英語で表現する場合に手かせ足かせとなっている。
ところが、英語の発想に基づいて、それぞれの動詞の守備範囲や応用範囲をきちんと整理しみにつけることができたらあなたの英語表現はまったく局面が異なることになる。これが「英語発想に身を置く」ということにほかならない。

●実際に使える語彙力を増すHolistic Approachとは
先にも述べたが、ネイティブの子供たちは幼い頃からことばをフレーズとして蓄えていく。一方私たちは彼らと同じ体験をすることは不可能だ。
Holistic Approachは、これは部分部分ではなく全体的にとらえるアプローチのことだ。この教材はそれに基づいて製作されているが、これは日本語の発想からではなく、例えば、「getするものは何か」とget something, get someoneのフレーズをできるだけ多く登場させている。
これによって、日本語の発想からではなく、英語の発想で「よく働く動詞」の守備範囲と応用範囲をしっかりと身につけることができる。
「ことば」の学習というものは、なるべく多くの用例を体験し、それによって自分なりのイメージを作り上げる作業が大切なのだ。
「何かをゲット」の発想ではなく、get somethingの発想を身につけるといつの間にか、日本語が消え、知らず知らずの間に英語の発想を身につけている自分を発見することができるだろう。




スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 12:25 | Comment(0) | 【1】誰も教えなかった「よく働く動詞」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

まずは「よく働く動詞」を身につけなさい


今日も、私が著した「電子出版本 two-word verbsこそ英語の心
一週間で頭にしみ込むイディオム」からの転載記事です。

(4) まずは「よく働く動詞」を身につけなさい

●よく働く動詞とは


T: 多くの人が「自由に英会話が話せる」には、なるべく多くの単語を覚えることが欠かせないと考えているが、これはある意味で間違いだ。

S: でも多くの単語を覚えなきゃならないのは当然じゃないですか。

T: それなら、私たちの日本語はどうですか。日常生活の中でそんなに多くのことばを使っているのかを考えてください。彼らも私たちが考えているほど多くの単語は使っていない。しかも特に指摘したいのは英語ということばの特殊な事情もあるということを知ってほしいんだ。

S: 英語の特殊な事情とはどんなことですか。

T: イギリスの言語学者で、C. K. Ogden (1889-1957)という人がいたんだ。彼は、たった850語が20,000語に相当する働きをするとし、Basic Englishというものを提唱した。この内動詞だけに注目すれば、動詞はたった16だ。

  be, have, do, make, get, give, put, take, keep, let,
  go, come, seem, say, see, send

S: たった16の動詞で英語のすべてが表現できるなんて夢のようですね。

T: いやそう早合点してもらっては困る。確かに彼の指摘は正しいが、たった16の動詞ではとても不便だ。とは言っても彼のあげた16の動詞をきちんと身につけることは絶対に欠かせないことだ。基礎中の基礎だからね。この本に、その内、方位語に関わりを持つ13の動詞をとりあげたのは実はこの理由からだよ。

続く。

「電子出版本 two-word verbsこそ英語の心 一週間で頭にしみ込むイディオム

 「たった一週間で英文が口からほとばしる 英語脳構築プログラム」
  


当ブログ「たった16の動詞で英語が話せる&英語脳構築プログラム」オンライン講座受講生募集

記事に対応した、サンプルにあるような英語脳構築プログラムを学習していただけます。



スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 08:00 | Comment(0) | 【1】誰も教えなかった「よく働く動詞」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

語彙力をどう増強するか


今日も、私が著した「電子出版本 two-word verbsこそ英語の心
一週間で頭にしみ込むイディオム」からの転載記事の最終です。

●語彙力が増えるということ

T: ことばの学習というものは、基礎を学べばそれが類推されて様々に展開できることだよ。次の例は13動詞以外のものだ。

  switch the light off  (スイッチを押して)明かりを消す
  turn the light off   (回して)明かりを消す
  shut off the gas    ガスを止める
  pay off        (給料を払って)解雇する
  lay off        一時解雇する
  clear off a debt   借金の支払いを済ませる
  drop a person off   人を降ろす

S: なるほどね。switch、turn、そしてshutも、どの単語も意味は知ってます。でもこのようにとらえたら、語いは簡単に増えますね。payは元々「支払う」という意味なので、お金を支払って急速離脱させるわけですね。それならlay offだと「一時解雇」となるのですね。

T: そうそう、その通りだよ。日本人の多くは「一時解雇」を英語にする場合、「一時」は、「解雇」はなどと和英辞典で調べるんだよ。でも彼らはlay offだけでその意味を表してしまう。

S: 今ちょっと考えたことなんですが、私たちは「延期する」「消す」「降ろす」、あるいは「身が入らない」「〜しなくなる」「うんざりだ」などの日本語の意味からそれに対応する英語は何か、と考えようとしてしまうんですね。
先に先生が「それでは確かにそこそこ英文の読解はできるが、話す場面、聞く場面ではほとんど役にたたない」と言われたことがよくわかりました。

T: よく「リスニングができない」といったことを聞くが、本当にリスニングができないのか、ぼくは疑問だ。例えば、「書いてください」という表現がなされたら、それがPut it down, Take it down,あるいはFill in.などと言われたらどうだろうか。それらの単語すべてをリスニングできたとしても、「書く」をwriteと覚えている人にはその意味はわからないと思うよ。

S: むしろ、よく働く動詞を英語の発想にしたがって理解してしまう方が早道なんですね。

T: まったくその通りだよ。むしろ英語で何かを表現したいときには、日本語の意味に当たる英語の動詞が何かと考えるよりも、基本動詞の内の何を使うかと考える方が、はるかに効率がいい。

この項を終わります。

「電子出版本 two-word verbsこそ英語の心 一週間で頭にしみ込むイディオム

 「たった一週間で英文が口からほとばしる 英語脳構築プログラム」
  


当ブログ「たった16の動詞で英語が話せる&英語脳構築プログラム」オンライン講座受講生募集

記事に対応した、サンプルにあるような英語脳構築プログラムを学習していただけます。
通信講座の要項は以下の通りです。
入会金3,000円(当分の間は免除)
受講費(6ヶ月間、教材費・副教材費も含む) 6,000円(税込み)
※ただし、音声はこのブログで聞くことができます。
副教材 「即修一週間英語脳構築プログラム」PDF版

春を迎えて、今年こそは英会話学習をと考えている方は多いと思います。
そんな皆様にファンクションメソッド英語研究会による教材を特別価格で販売します。
ホームページにはまだ反映していませんが、購入されるページには特別価格となっています。

日常英会話必須基本16動詞HTML版
「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編」PDF版を含む
春期特別価格販売! 15%引き 通常価格5,800円→特別価格4,930円
日常英会話必須基本16動詞PDF版
「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編」PDF版を含む
春期特別価格販売! 15%引き 通常価格4,500円→特別価格3,825円
「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編」PDF&Audio版
春期特別価格販売! 15%引き 通常価格3,800円→特別価格3,230円
「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編」PDF版
春期特別価格販売! 15%引き 通常価格2,400円→特別価格2,040円

  「ENGLISH-TREKKING教材」


スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 13:00 | Comment(0) | 【1】誰も教えなかった「よく働く動詞」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

getの動詞フレーズ無料進呈


[お知らせ
英語の回路・しくみについて一から学びたい方は以下のブログで。
ファンクションメソッドなら3ヶ月で中学英語のすべてのやり直し学習が可能です。

   ブログ「英語の九九 英会話発想トレーニング

英会話学習と言えば、「役に立つ日常表現」を一文丸暗記するものだとの思い込みがあるようです。しかしセリフ覚えはすぐ忘れるものです。
結婚式などの挨拶は日本語ですが、これをいつまでも覚えている人は少ないと思います。

日常よく使われる動詞に焦点を当てて、その守備範囲、応用範囲を身につけたら、確実に語彙が定着・蓄積します。

以下の説明は教材からの引用ですが、このような説明は「英文読解用のもの」でしかありません。動詞はフレーズとして、つまり意味ある単位で覚えるから、speakingにもlisteningにも役立つのです。
着色された動詞フレーズを何度も読んで動詞フレーズのイメージをつかんでください。この場合日本語訳はあくまでも参考なのです。

[今日の学習]
ファンクションメソッド英語研究会では以下のような動詞フレーズに特化した教材を販売しています。

ぜひ、サンブルをご覧ください。

実際に使える語彙力を増す
The English Vocabulary  Build up your vocabulary!

基本15動詞編PDF版  CD-ROM1枚
13,090動詞フレーズ所収 297ページ(A4版)
サンプルをご覧ください。PDFです。

  getの動詞フレーズ

ファンクションメソッド英語研究会発行の電子出版本
●「速修一週間英語脳構築プログラム」PDF版1,200円(税込)
●「ムリなく話せるイメトレ英語学習法」 PDF版 Audio CD1枚付1,300円(税込)

●「たった16の動詞で英語が話せる瞬間英作トレーニング」 PDF版800円(税込)
●「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法」 PDF版800円(税込)

●「ファンクションメソッド英会話独習テキスト」 PDF版900円(税込)
●「一週間に心にしみこむイディオム」 PDF版800円(税込)

スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【1】誰も教えなかった「よく働く動詞」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

よく働く動詞を使うと英会話はこんなに簡単


[お知らせ
☆本年11月中に"The 語彙力" 日常会話必須基本15動詞編や「"The 語彙力" 日常会話必須160動詞編」をご注文された方に特典として以下の電子出版本を 先着30名様に限り無料進呈

また「日常英会話必須基本16動詞HTML版」や「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編」も同様です。

詳細 「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法
-------------

[今日の学習]

今回も、少し基礎的な文法について述べましょう。
文法という土台がきちんと構築されていなかったら、砂上の楼閣です。
今回、当研究会が発行する教材やオンライン受講生の副教材として進呈することにしたのは、「話すための文法書」に目を通していただきたかったからです。

第1節 名詞の働きとはこんなこと

【チャート】

  〜冠詞次第でこれだけ意味が変わる〜
  [1] a, anは「とあるひとつの個性」を表す
    ●WORD BUILDING [1] 動詞から名詞を作る
  [2] 無冠詞は人格・本質・物の効用を表す
  [3] 名詞の複数の表現
  [4] 定冠詞theと不定冠詞a,anはまったく別物

[1-3] 一定の動詞にaをつけて「ひとまとまりの行為」を表現するもの

以下にあげたのは、haveやtakeなど基本的な動詞とa walk, a look, a dreamなどaをつけて「ひとまとまりの行為」を名詞として表現する例です。このような表現は、生の英会話で多用され、「英語を話す」には欠かせない表現です。

日本語の発想では、「散歩する」「見る」など動詞の単独表現をしてしまいがちですが、これはいわば動作を強調する表現となり、しかも過去形や進行形などに変化させて表現する場合に動詞の変化が複雑なものとなります。

  I walk every day. 
  I walked yesterday.
  I am walking now.

一方、以下のような表現は限られた動詞=「よく働く動詞」を使うので動詞変化も簡単なものとなり、しかも英語らしい表現となります。

  I have a walk every day.
  I had a walk yesterday.
  I am having a walk now.

日本の英語教育は、日本語の動詞と英語の動詞が一対一に対応しているように教え、それを暗記させようとしますが、会話場面では。例えば、同じlookを以下のように「よく働く動詞」を使い分けることもあります。

  Have a look!  見てよ!
  Take a look!  ちょっと見てよ!
  Give a long look!  じっと見てよ!

(一定の行為を持つ)
  have a walk 散歩する    have a look 見る
  have a dream 夢を見る    have a rest 休憩する
  have a bath 風呂に入る   have a fight 喧嘩する
  have a chat おしゃべりをする   have a cold 風邪をひいている
  have a dance 踊る   have a date  デートする
  have a sleep 眠る   have a debate ディベートする
  have a drink 飲む   have a fall 転ぶ
  have a cry 泣く   have a shave ひげを剃る

(一定の行為にとりかかる)
  take a bath  入浴する   take a break ひと休みする
  take a rest 休憩する   take a shower シャワーを浴びる
  take a breath 呼吸をする take a look ちょっと見る
  take a seat 席に着く   take a picture 写真を撮る
  take a copy コピーをとる take a curve カーブを曲がる
  take a drive ドライブする take a guess 推測する
  take a nap うたたねする  take a picnic ピクニックする
  take a ride (乗り物等に)乗る  take a step 処置をとる
  take a test 試験を受ける  take a walk 散歩する

(一定の行為を得る)
  get a drink 一杯飲む   get a blow 殴られる
  get a taste 味あう    get a scold 叱られる
  get a burn やけどする  get a cut (指などを)切る
  get a broken arm 腕を折る get a cold 風邪をひく
  get a promotion 昇進する  get a wash 洗う
  get an answer 返事をもらう

(一定の行為を与える)
  give a lecture 講義する  give a cough 咳をする
  give a sigh ため息をつく  give a cry 叫び声をあげる
  give a yarn あくびをする  give a kiss キスをする
  give a look 見る     give a shake 振る
  give a kick 蹴る     give a sneeze くしゃみをする
  give a bite 噛む     give a push 押す、ひと突きする
  give a jump 跳び上がる give a laugh 笑い声を上げる
  give a wink ウインクする give a touch 触る
  give a rub こする     give a polish 磨く

(一定の行為を現実化させる)
  make a change 変更する   make a plan 計画を立てる
  make a promise 約束する  make an excuse 言い訳する
  make an inquiry 問い合わせをする make a mistake 間違いをする
  make a bed ベッドメーキングする
  make a bow おじぎする   make a call 電話する
  make a choice 選択する  make a complain 不平を言う
  make a copy コピーする   make contract 契約書を作成する
  make a dash ダッシュする make a demand 要求する
  make a noise 騒ぐ     make a speech スピーチする
  make a start 始める    make a stay 滞在する
  make a stop 止まる    make an effort 努力する
  make an offer 申し出をする make a turn 曲がる
  make a wish 願い事をする make a pause 停止する
  make a trip 旅行する   make a toast 乾杯する

自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法 」より転載

以上の動詞フレーズをよくご覧ください。
目的語がほとんど行為などを表す名詞です。また動詞としても使われるものも大半です。
学校英語はこの動詞の変化を覚えさせたりしています。
だから簡単な英会話もできないのです。

一方、イギリスの言語学者C.K.Ogdenはたった16の動詞で日常会話のすべてができるとしています。
しかもこれらはとても英語らしい表現です。

ファンクションメソッドはこれらの動詞に様々なファンクションフレーズをつけて場面や状況に応じて表現するメソッドです。

続く

[受講生の方に]
他の文例を引き続きご覧ください。

[お知らせ
ファンクションメソッド英語研究会では以下のような動詞フレーズに特化した教材を販売しています。

ぜひ、サンブルをご覧ください。PDFです。

実際に使える語彙力を増す
The English Vocabulary  Build up your vocabulary!

"The 語彙力" 日常会話必須基本15動詞編PDF版  CD-ROM1枚(郵送)またはダウンロード
13,090動詞フレーズ所収 297ページ(A4版)

  getの動詞フレーズ

PDF版  CD-ROM1枚(郵送)またはダウンロード
"The 語彙力" 日常会話必須160動詞編

応用160動詞編 約15,000動詞フレーズ所収 450ページ(A4版)

  likeの動詞フレーズ
  wantの動詞フレーズ
  preferの動詞フレーズ

   詳細とご注文

お知らせ

このブログは、以下の教材をご購入いただいた方へのサポートブログにもなっています。

「日常英会話必須基本16動詞HTML版」では、クリック一つで対照学習が可能となり、自然に語彙が増加していきます。また動詞を相互に比較して覚えることができます。
ことばというものは、関連させて比較することで確実に自分のものにできます。
  所収全1589の文例にネイティブの音声付き

また「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編PDF版」は、A4用紙を選びプリンターの設定で、「レイアウト」を選び「ページ数/枚」を2にしてください。見やすくなりますよ。(サンプルも同じです)

全1589の文例に挑戦してください。英語など簡単に話せますよ。

 「たった16の動詞で英語が話せる」オンライン講座受講生募集中!

受講生と言っても特別な申し込みは必要ございません。
教材を購入された方に,ご希望をお聞きすることになっています。
IDとPasswordはその時にお知らせします。


お知らせしたIDとpasswordで「オンライン通信講座受講者用ページ」にお入りください。

  Today's Lesson make me happy「私を幸せにする」

表題「make me happy」

【一般動詞フレーズ系列のファンクションフレーズ】
一般動詞ファンクションフレーズ
【一般動詞フレーズ5段活用】
=============================
(1) make(s) me happy  現在形動詞フレーズ 
(2) made me happy  過去形動詞フレーズ 
(3) make me happy  原形動詞フレーズ
(4) making me happy  ing形動詞フレーズ
※進行形はなし、動名詞で使われる。
(5) made me happy  ed形動詞フレーズ  
※完了形で使われる。
=============================
  Will you make me happy?
  私を幸せにしてくれますか?

ファンクションメソッド英語研究会発行の電子出版本
●「速修一週間英語脳構築プログラム」PDF版1,200円(税込)
●「ムリなく話せるイメトレ英語学習法」 PDF版 Audio CD1枚付1,300円(税込)

●「たった16の動詞で英語が話せる瞬間英作トレーニング」 PDF版800円(税込)
●「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法」 PDF版800円(税込)

●「ファンクションメソッド英会話独習テキスト」 PDF版900円(税込)
●「一週間に心にしみこむイディオム」 PDF版800円(税込)
オンライン通信講座受講者用ページ
スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【1】誰も教えなかった「よく働く動詞」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。