2009年02月21日

【3】誰も教えなかった英会話学習法

 
●口語表現に人間のことばとしての英語の生の姿が!
ネイティブの生の会話には、以下のような省略表現が使われる。もちろんこのような表現を英語を母国語としない私たちがそのまねをすることは問題だが、ここに私たちが学校で学んだことがない英語の生きた姿がある。
まず、( )内の語を省略して表現していただきたい。もちろんすべて上げ調子で表現することは言うまでもない。

(Do you) take a shower every day?
毎日、シャワーを浴びるの?
(Did you) take a shower yesterday?
昨日、シャワーを浴びたの?
Take a shower.*命令口調
シャワーを浴びなさい
Will you take a shower?
(これから)シャワーを浴びますか?
(Do you) want to take a shower?
(これから)シャワーを浴びたいの?
(Are you) taking a shower now?
今シャワーを浴びてるの?
(Have you) taken a shower yet?
もうシャワーを浴びたの?

あるいは、口語では、学校英語では決して登場しない次のような表現もあることを知ってほしい。いずれも相手に問う表現なので、上げ調子であることは言うまでもない。

(You) take a shower every day?
(You) took a shower yesterday?
(You) want to take a shower?
(You are) taking a shower now?
(You have) taken a shower yet?

●ネイティブの子供には、「シャワーを浴びる」という情景が頭に浮かぶ
ここには、take a showerという動詞フレーズが、taking a shower, taken a showerなどと動詞の形を変えてはいるが、少なくともネイティブの子供にとっては、基本的には「シャワーを浴びる」という行為や状態を頭に思い浮かべることができるということだ。
残念ながら、私たちはこんな動詞フレーズそのものだけで、十分その意図を通じさせてしまう英語の生の姿を教えてもらうことはなかった。
YouやDo you、あるいはDid youが省略されていても、それが対話者間であれば、それが自分のことであったり、every dayという語句で現在の事実・習慣、あるいはyesterdayという語句で過去の事実を問われているということを認識できる。

●私たちの英語学習に根本的に欠けていたこと
私たちが受けた英語教育では、「文法がわからないと英語は話せない」と言われ続けてきた。しかし文法という観点とはまったく別の英語の姿がここにある。これが文法ではない、ネイティブが自然に身につけている英語の発想なのだ。
今までに登場した英文にもう一度確認してほしい。これらの文には黒文字部分と青文字部分とに区分されている。彼らは、この組み合わせを使って英語を操っているのだ。

あるいは、以下にあげた英文は単にDoをDon't、DidをDidn't、WillをWon'tなどに変化させただけだ。英語の発想を身につけるといとも簡単に場面に応じた表現ができるということを確認していただけると思う。

Don't you take a shower every day?
毎日、シャワーを浴びないの?
Didn't you take a shower yesterday?
昨日、シャワーを浴びなかったの?
Won't you take a shower?
(これから)シャワーを浴びないの?
Don't you want to take a shower?
(これから)シャワーを浴びたくないの?
Aren't you taking a shower now?
今シャワーを浴びてないの?
Haven't you taken a shower yet?
まだシャワーを浴びてないの?

黒文字部分と赤文字部分は、共にフレーズ(意味ある単位)だ。意味ある単位であるから、独立した意味があるし、独立した働きをする。加えて、意味ある単位だからこそ私たちもそれを覚えることができる。英会話学習は学習を進めていく段階で、これらのフレーズを別々に確実に定着、蓄積していくものでなくてはならない。

これら主体と意志や欲求などを表すフレーズを私はファンクションフレーズと名づけている。



スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 12:37 | Comment(0) | 【3】誰も教えなかった英会話学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

誰も教えなかった次世代型英会話学習法


今日も、私が著した「電子出版本 two-word verbsこそ英語の心
一週間で頭にしみ込むイディオム」からの転載記事です。

誰も教えなかった次世代型英会話学習法

(1) ことばはフレーズで覚えなさい


●まずは動詞的固まりでイメージし覚える

T: ぼくはいつも、日本人の英語学習法で最も致命的なことは、一文丸暗記をすることだと言ってるんだ。

S: でも英会話というものは一文丸暗記したことを話すことじゃないですか。

T: ちょっと考えてもわかるが、その丸暗記した文というのは、含まれている情報が固定されていて、それが対応できる状況はとても限られてしまうんだよ。先に登場した文で説明するが、この本は二色刷で英文を表示していることに気づいてほしい。動詞フレーズが青色の表示となっている。

  (1) Let us put off our meeting till he comes back.
    私たちの会合は延期しましょう/彼が帰ってくるまで

  (2) Don't forget to put the lights off.
  明かりを消すのを忘れてはいけないよ

S: 動詞フレーズって何ですか。

T: 動詞というものは、単独で働く場合もあるが、多くの場合目的語や補語を伴って、「ひとまとまりの意味」を表す。もちろん方位副詞や前置詞を伴う場合もあるが、それをひとまとまりの「意味ある単位」として働くんだ。だからその動詞が導く意味ある単位を、ぼくは動詞フレーズと呼んでいる。

S: 初めてそんなことばを聞きました。でも私たちが学校時代に学んだのは、be+現在分詞形とか、to+動詞の原形といった動詞だけの変化でしたよ。

T: そうそれなんだ。その文法的なとらえ方が、日本人を英語音痴にしてる。例えば、上の例文では、let usのletは「使役動詞」だから、原形の動詞が続くとか、Don't forget toのtoは不定詞を導くから動詞は原形となる、そんなことばかりを教えているのが日本の英語教育だ。

S: 先生は、let us+原形の動詞、to+原形の動詞というとらえ方は間違っていると言われてるのですか。

T: いやそう理解してもらっては困るんだ。正確には、文法的な説明は必要だが、それだけでは「人間のことば」としては英語をとらえることはできないと言ってるんだ。

続く。

「電子出版本 two-word verbsこそ英語の心 一週間で頭にしみ込むイディオム

 「たった一週間で英文が口からほとばしる 英語脳構築プログラム」
  


当ブログ「たった16の動詞で英語が話せる&英語脳構築プログラム」オンライン講座受講生募集

記事に対応した、サンプルにあるような英語脳構築プログラムを学習していただけます。




スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 13:00 | Comment(0) | 【3】誰も教えなかった英会話学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

「ひとまとまりの行為や状態」ということ


[お知らせ
☆本年11月中に"The 語彙力" 日常会話必須基本15動詞編や「"The 語彙力" 日常会話必須160動詞編」をご注文された方に特典として以下の電子出版本を 先着30名様に限り無料進呈

また「日常英会話必須基本16動詞HTML版」や「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編」も同様です。

詳細 「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法
-------------

英会話学習と言えば、「役に立つ日常表現」を一文丸暗記するものだとの思い込みがあるようです。しかしセリフ覚えはすぐ忘れるものです。
結婚式などの挨拶は日本語ですが、これをいつまでも覚えている人は少ないと思います。

日常よく使われる動詞に焦点を当てて、その守備範囲、応用範囲を身につけたら、確実に語彙が定着・蓄積します。

着色された動詞フレーズを何度も読んで動詞フレーズのイメージをつかんでください。この場合日本語訳はあくまでも参考なのです。

[今日の学習]

いくら英会話学習を続けても、なかなか自由な会話ができない。

どうしてそうなのか。
意味ある動詞フレーズや補語フレーズなどのワンフレーズ表現をどのようにして展開していけるか、これが絶対に欠かせないことばとしての学習なのにそれがまったくできないのが日本人の現実です。

ファンクションフレーズと動詞(補語)フレーズの組み合わせで英文を生産するという、世界中で英語学習をしている人たちが「当たり前」としている英語のとらえ方ができていないということです。

以下は私が2003年に著した本からの記事の転載です。

  「ムリなく話せる イメトレ英語学習法」日本実業出版社刊
   中嶋太一郎著

ちなみにこの本は絶版となっていますが、一時は中古本市場(アマゾン)で5,000円以上の値段で売買されていたことがあり、これは私のちょっとした自慢です。原価は1,600円でした。

また自慢ついでに言えば、私が今まで書いた本の内、4冊が韓国や台湾で翻訳され、販売されていたことです。

Coffee Room
  11. 英語を切りきざまないで!


中嶋: Kenny,以前あなたは、「日本人はふつう、学校で何年英語を学んでいるんだ」とぼくに聞いたことがあるね。

Kenny: そう、中嶋さんが「だいたい6年だ、あるいは大学に行くと10年になる人もいる」と聞いたとき、思わず絶句したことを今でも覚えてるよ。

中嶋: 日本人の英語ベタ、あのTOEIC試験で平均点がアジア32カ国中31位という無惨なものだよ。その最も大きな原因は、「英語の先生がいるから日本人は英語が話せない」とぼくは考えている。

このことはぼくだけではなく、大前研一氏もその著書で述べている。英語の先生が、英語を話せるようになるための障壁となっているわけだ。

Kenny: でも、「話せない」だけじゃなく、31位という成績は、英語の先生が誇る読解や文法もダメだということだよ。実際、試験の結果を見てみるとリスニングの方がいい点をとっている。

中嶋: 英会話の先生も、英会話の文法書などを見ても、「5文型は基礎だ」とか「中学の文法くらいは身につけなさい」などと気楽にアドバイスしたり、書いたりしているが、本当にそうだろうか。この日本の英語教育には致命的な問題があるということを、彼らはわかっていないと思うよ。

Kenny: 具体的に説明してください。英語の先生が英語を話せない、といったことですか?

中嶋:そうではないよ。英語をすらすら話せなくても英語の発想は教えることができる。むしろ日本語できちんと教えるべきだ。英語は日本人が母国語できちんと教えるべきなんだ。私は日本語をまったく話せない英語教師よりもずっといいと思っている。よくネイティブに教えてもらいさえすれば、英語か話せると思い込んでいる人は多いが、これはそんな簡単なものではないよ。

具体的に説明しよう。問題は、日本の英語教育では、ただただ読解のために「ひとまとまりの行為や状態」を切りきざんで教えていることだよ。たとえば、日本の英語教育や英会話の本では,次のように教えている。

  (1) Drink milk!
     V O
  (2) I + drink + milk.
    S  V  O
  (3) I + don't drink + milk.
    S   V   O
  (4) I + will drink + milk.
    S   V   O
  (5) I + will be able to drink + milk.
    S     V       O
  (6) I + don't have to drink + milk.
    S     V      O
  (7) I + am drinking + milk.  進行形
    S   V     O
  (8) I + like + drinking + milk.  動名詞が目的語に
    S  V    O
  (9) I + have just drunk + milk.
    S    V     O
  (10) I + want to + drink + milk.  to不定詞が目的語に
    S   V     O
  (11) I + want +you+ to drink + milk. to不定詞が目的格補語に
    S  V  O   C
※ S=主語、V=動詞、 O=目的語、C=補語

Kenny: まさしく、「ひとまとまりの行為や状態」が切り刻まれてしまっているね。ぼくたちネイティブは、drink milk、drinking milk, drunk milkだけで、その自体のイメージを持って話してるのにね。
このような教え方では、いつまでも英語が言葉として身につかないわけだよ。

中嶋: こういう教え方になっているのは、読解のためだよ。読解のための英語教育からいまだに抜け出せないのが現実なんだ。彼らの頭では、5文型理論は「絶対に崩せない」ことなんだ。つまり(2)の基本文がSVOだから、これがどんな形になっても、SVOを維持するわけだよ。

でもこれは読解のためにはとても便利なもので、まずSを訳し(私は)、Oを訳し(ミルクを)、そしてVの部分を「飲まない」「飲むつもりだ」「飲むことができるだろう」「飲む必要はない」「飲んでいる」「飲んだところだ」と訳すと日本語訳ができあがことになる。これが「後戻り訳」というものだ。

確かに、これは便利なものだが、こんな教え方では「助動詞は原形の動詞をとる」とか、「進行形はbe動詞+現在分詞」とか、「現在完了形はhave+過去分詞」などとしかとらえることができないことだよ。そんな無機的な学習が英語の学習だと勘違いしている。逆に言えば、話せなくてもこれらの文法さえ覚えていたら、英語のテストでは確実に点数がとれるということだ。実は、英語が話せない英語教師の問題というのはここにあると思うよ。

Kenny:問題は、英語教師が自分が勝ち抜いてきた受験の成果でしか英語を教えていないということだね。

中嶋: だからいつまでも英語教育は進化しないいうわけだよ。
英文のしくみをファンクションフレーズと動詞フレーズの結びつきだとするファンクションメソッドでは、英語のしくみはとてもシンプルなものになるよ。

  (1) Drink milk!
    牛乳を飲みなさい
  (2) I drink milk.
    (ふだん)牛乳を飲んでいる
  (3) I don't drink milk.
    (ふだん)牛乳を飲んでいない
  (4) I will drink milk.
    (これから)牛乳を飲む
  (5) I will be able to drink milk.
    (これから)牛乳を飲むことができるでしょう
  (6) I don't have to drink milk.
    牛乳を飲む必要はない
  (7) I am drinking milk.
    (今)牛乳を飲んでいる
  (8) I like drinking milk.
    牛乳を飲むのが好きだ
  (9) I have just drunk milk.
    (ちょうど)牛乳を飲んだところです
  (10) I want to drink milk.
    牛乳を飲みたい
  (11) I want you to drink milk.
    あなたに牛乳を飲んでもらいたい

「日常英会話必須基本16動詞HTML版」が二色刷りとなっていたり、カーソールを当てると動詞・補語フリーズが浮かび上がる工夫をしていることも、あるいは「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編」が動詞・補語フリーズを元にしてファンクションフレーズを結びつけて英文を生産する工夫をしているのは実は、この英語の発想を身につけていただくためなのです。

ちなみに基本16動詞を使うとdrink milkではなく、have milkを使います。

受講生の方は、引き続いて他の文例と英語脳構築プログラムへ。

[受講生の方に]
他の文例を引き続きご覧ください。

[お知らせ
ファンクションメソッド英語研究会では以下のような動詞フレーズに特化した教材を販売しています。

ぜひ、サンブルをご覧ください。PDFです。

実際に使える語彙力を増す
The English Vocabulary  Build up your vocabulary!

"The 語彙力" 日常会話必須基本15動詞編PDF版  CD-ROM1枚(郵送)またはダウンロード
13,090動詞フレーズ所収 297ページ(A4版)

  getの動詞フレーズ

PDF版  CD-ROM1枚(郵送)またはダウンロード
"The 語彙力" 日常会話必須160動詞編

応用160動詞編 約15,000動詞フレーズ所収 450ページ(A4版)

  likeの動詞フレーズ
  wantの動詞フレーズ
  preferの動詞フレーズ

   詳細とご注文

お知らせ

このブログは、以下の教材をご購入いただいた方へのサポートブログにもなっています。

「日常英会話必須基本16動詞HTML版」では、クリック一つで対照学習が可能となり、自然に語彙が増加していきます。また動詞を相互に比較して覚えることができます。
ことばというものは、関連させて比較することで確実に自分のものにできます。
  所収全1589の文例にネイティブの音声付き

また「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編PDF版」は、A4用紙を選びプリンターの設定で、「レイアウト」を選び「ページ数/枚」を2にしてください。見やすくなりますよ。(サンプルも同じです)

全1589の文例に挑戦してください。英語など簡単に話せますよ。

 「たった16の動詞で英語が話せる」オンライン講座受講生募集中!

受講生と言っても特別な申し込みは必要ございません。
教材を購入された方に,ご希望をお聞きすることになっています。
IDとPasswordはその時にお知らせします。


お知らせしたIDとpasswordで「オンライン通信講座受講者用ページ」にお入りください。

  Today's Lesson keep on trying「やり続ける」

表題「keep on trying」

【一般動詞フレーズ系列のファンクションフレーズ】
一般動詞ファンクションフレーズ
【一般動詞フレーズ5段活用】
=============================
(1) keep(s) on trying  現在形動詞フレーズ 
(2) kept on trying  過去形動詞フレーズ 
(3) keep on trying  原形動詞フレーズ
(4) keeping on trying  ing形動詞フレーズ
※進行形はなし、動名詞で使われる。
(5) kept on trying  ed形動詞フレーズ  
※完了形で使われる。
=============================
  You should keep on trying.
  あなたは、やり続けるべきだよ

ファンクションメソッド英語研究会発行の電子出版本
●「速修一週間英語脳構築プログラム」PDF版1,200円(税込)
●「ムリなく話せるイメトレ英語学習法」 PDF版 Audio CD1枚付1,300円(税込)

●「たった16の動詞で英語が話せる瞬間英作トレーニング」 PDF版800円(税込)
●「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法」 PDF版800円(税込)

●「ファンクションメソッド英会話独習テキスト」 PDF版900円(税込)
●「一週間に心にしみこむイディオム」 PDF版800円(税込)
オンライン通信講座受講者用ページ
スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【3】誰も教えなかった英会話学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続 「ひとまとまりの行為や状態」ということ


[お知らせ
☆本年11月中に"The 語彙力" 日常会話必須基本15動詞編や「"The 語彙力" 日常会話必須160動詞編」をご注文された方に特典として以下の電子出版本を 先着30名様に限り無料進呈

また「日常英会話必須基本16動詞HTML版」や「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編」も同様です。

詳細 「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法
-------------

英会話学習と言えば、「役に立つ日常表現」を一文丸暗記するものだとの思い込みがあるようです。しかしセリフ覚えはすぐ忘れるものです。
結婚式などの挨拶は日本語ですが、これをいつまでも覚えている人は少ないと思います。

日常よく使われる動詞に焦点を当てて、その守備範囲、応用範囲を身につけたら、確実に語彙が定着・蓄積します。

着色された動詞フレーズを何度も読んで動詞フレーズのイメージをつかんでください。この場合日本語訳はあくまでも参考なのです。

[今日の学習]

いくら英会話学習を続けても、なかなか自由な会話ができない。

意味あるワンフレーズ表現をどのようにして展開していけるか、これが絶対に欠かせないことばとしての学習です。

ファンクションフレーズと動詞(補語)フレーズの組み合わせで英文を生産するという、世界中で英語学習をしている人たちが「当たり前」としているメソッドです。

「英会話発想トレーニング」
1. 私は、(ふだん)バリに滞在しています。
  → I stay in Paris.

2. 私は、(今)バリに滞在しています。
  → I am staying in Paris.

3. 私は、バリに滞在するのが好きです。
  → I like staying in Paris.

4. 私は、パリに滞在したい。
  → I want to stay Paris.

このように中1配当の始めから、動詞フレーズをひとまとまりのものとしてとらえる学習をするから、このstay in Parisが他の動詞フレーズに変わってもどんどん英作をこなせるし、しかも英語をことばとしておぼえていくことができるのです。

しかもそれが「目に見える」問題形式となっているので、いつの間にかそのしくみ、回路が備わっていくことになります。

以下は私が2003年に著した本からの記事の転載です。

  「ムリなく話せる イメトレ英語学習法」日本実業出版社
   中嶋太一郎著

ちなみにこの本は絶版となっていますが、一時は中古本市場(アマゾン)で5,000円以上の値段で売買されていたことがあり、これは私のちょっとした自慢です。原価は1,600円でした。

また自慢ついでに言えば、私が今まで書いた本の内、4冊が韓国や台湾で翻訳され、販売されていたことです。

Coffee Room
  10. laughing (笑いながら)


Kenny: 英会話を教えていて、とても変だと感じるのは、日本人は英語がさほど話せないのに、文法にとてもこだわりますね、まるで文法さえわかれば英語は話せると思い込んでいる感じがします。私たちの感覚ではまず「話せる」という前提があって、次に文法がくると思うのですが。これはネイティブだからそうだということではなく、日本人と同じ非英語圏の人たちでも、文法的には間違っていても英語を話していますよ。でも実際教えていて、文法を聞いてくる生徒が結構いるよ。

中嶋: そうだね。文法を知っているかどうかよりも、日本人は文法用語はよく知ってるね。実はぼくも同じ経験があるんだ。以前予備校で教えていたとき、授業後にある生徒がぼくのところに来て、「先生、先生の言っていたOとかVは何ですか?」と言うわけだ。驚いてくわしく聞くと、彼は帰国子女だと言うんだ。向こうではそんなことは聞いたことがないというわけだ。

Kenny: そうでしょうね。私もそうですよ。

中嶋: 問題は、文法や文法用語を知ることではなくことばの意味を知ることだよ。たとえば、プロローグでの会話に、( )書きで laughingなどと書いたが、これはシナリオなどで使われているト書きの手法なんだ。つまりそのセリフを「笑いながら」言う、ということを表している。他にも、crying (泣きながら)とか shouting(大声で叫びながら)といったものもある。そんな気持ちでセリフを話してください、ということだ。

こういうのは、「これは進行形であり、主語とbe動詞が省略されているものだ」といった説明よりも、動詞にingがついた形は「〜しながら」といった意味になるんだ、と知ることの方が大切だと思うよ。

さらに言わせてもらえば、教育文法では be動詞+現在分詞(is crying)を動詞 cry の変化だと教えていることだ。

Kenny: へぇー、だから (Are you) laughing? Don't laugh.(笑ってるの?、笑わないでよ)といった簡単な表現もできないんだ。とにかく日本人は、文法用語から文を組み立てようとしてる感じですね。

中嶋: すでに,130ページの【イメトレ NO.33】で次のような例文をあ
   げたが、これは分詞構文と呼ばれている。

  Staying in Paris, I couldn't do any shopping.
  パリに滞在中、私は買い物ができなかった

文法はともかく、動詞にingがついていたら「〜しながら」といった意味になると知っていたら、staying in Parisだけでなんとなく意味がとれるものだよ。またこの文では、それが副詞的に使われているということだ。

Kenny: ネイティブは文法を知らなくても英語が話せる、というのはこのことなんでしょうね。

中嶋:ただ英語のしくみということでここで指摘しておきたいんだが、ここにとりあげたing形動詞フレーズも「ひとまとまりの状態」を表すということだ。そしてそれが名詞のように(名詞的用法)、形容詞のように(形容詞的用法)、そして副詞のように(副詞的用法)使われることだ。「〜的」という表現をしているのは、単に品詞としての名詞、形容詞、副詞ではなく、動詞が導くフレーズそのものがその働きをするからだ。ただ、名詞として使われる場合は、「パリに滞在しながらのこと」といった意味になる。

  I am staying in Paris. *形容詞的に
  私はパリに滞在しています
  I like staying in Paris. *名詞的に
  私はパリに滞在するのが好きです
  Staying in Paris, I couldn't do any shopping. *副詞的に

中嶋: ちょっとくどくなるが、そもそも名詞的用法とか、形容詞的用法とか、あるいは副詞的用法といった説明をする場合には、その本質をきちんと教えるべきなんだ。

たとえば、名詞的用法だが、あることを表現する場合に名詞があればそれを使うが、動的なことを表す場合には動詞を借りてこなければならないということだ。つまり造語(増語)法だよ。

たとえば、「泳ぎ」という意味で have a swimのように swim を名詞として使う場合もあるが、どうしても「泳いでいる状態」を表したいときには、swimという動詞からの造語として swimmingを使う方が動的だ。だから I like swimmingのように使うわけだ。

また drink milkに戻るが、確かに I drink milk every day.と使えば、それは行為を表す。しかし I like drinking milk.となれば drinking milk だけで「ミルクを飲みながらのこと」といったイメージとなるわけだ。

それを文法では動名詞、つまり動詞が名詞のように使われていると説明するわけだ。

Kenny: 中嶋さん、あなたの説明に大切なことが抜けていますよ。あなたは、「動詞が名詞のように使われている」と言いましたが、それは「動詞フレーズ全体が名詞のように使われる」ということですね。

中嶋:これは参ったね。その通りだよ。よく文法書に「動名詞は動詞にingをつけたもの」とか、「不定詞はto+動詞の原形」などと説明してるが、これは間違っている。動詞というのはほとんど補語や目的語をともなってフレーズを作り上げるものなんだ。つまり「意味ある単位」「ひとまとまりの行為や状態」を表すということだ。

Kenny: なるほど、こんな大事なことが日本の英語教育に欠けているんですね。

受講生の方は、引き続いて他の文例と英語脳構築プログラムへ。

[受講生の方に]
他の文例を引き続きご覧ください。

[お知らせ
ファンクションメソッド英語研究会では以下のような動詞フレーズに特化した教材を販売しています。

ぜひ、サンブルをご覧ください。PDFです。

実際に使える語彙力を増す
The English Vocabulary  Build up your vocabulary!

"The 語彙力" 日常会話必須基本15動詞編PDF版  CD-ROM1枚(郵送)またはダウンロード
13,090動詞フレーズ所収 297ページ(A4版)

  getの動詞フレーズ

PDF版  CD-ROM1枚(郵送)またはダウンロード
"The 語彙力" 日常会話必須160動詞編

応用160動詞編 約15,000動詞フレーズ所収 450ページ(A4版)

  likeの動詞フレーズ
  wantの動詞フレーズ
  preferの動詞フレーズ

   詳細とご注文

お知らせ

このブログは、以下の教材をご購入いただいた方へのサポートブログにもなっています。

「日常英会話必須基本16動詞HTML版」では、クリック一つで対照学習が可能となり、自然に語彙が増加していきます。また動詞を相互に比較して覚えることができます。
ことばというものは、関連させて比較することで確実に自分のものにできます。
  所収全1589の文例にネイティブの音声付き

また「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編PDF版」は、A4用紙を選びプリンターの設定で、「レイアウト」を選び「ページ数/枚」を2にしてください。見やすくなりますよ。(サンプルも同じです)

全1589の文例に挑戦してください。英語など簡単に話せますよ。

 「たった16の動詞で英語が話せる」オンライン講座受講生募集中!

受講生と言っても特別な申し込みは必要ございません。
教材を購入された方に,ご希望をお聞きすることになっています。
IDとPasswordはその時にお知らせします。


お知らせしたIDとpasswordで「オンライン通信講座受講者用ページ」にお入りください。

  Today's Lesson keep on trying「やり続ける」

表題「keep on trying」

【一般動詞フレーズ系列のファンクションフレーズ】
一般動詞ファンクションフレーズ
【一般動詞フレーズ5段活用】
=============================
(1) keep(s) on trying  現在形動詞フレーズ 
(2) kept on trying  過去形動詞フレーズ 
(3) keep on trying  原形動詞フレーズ
(4) keeping on trying  ing形動詞フレーズ
※進行形はなし、動名詞で使われる。
(5) kept on trying  ed形動詞フレーズ  
※完了形で使われる。
=============================
  You should keep on trying.
  あなたは、やり続けるべきだよ

ファンクションメソッド英語研究会発行の電子出版本
●「速修一週間英語脳構築プログラム」PDF版1,200円(税込)
●「ムリなく話せるイメトレ英語学習法」 PDF版 Audio CD1枚付1,300円(税込)

●「たった16の動詞で英語が話せる瞬間英作トレーニング」 PDF版800円(税込)
●「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法」 PDF版800円(税込)

●「ファンクションメソッド英会話独習テキスト」 PDF版900円(税込)
●「一週間に心にしみこむイディオム」 PDF版800円(税込)
オンライン通信講座受講者用ページ
スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【3】誰も教えなかった英会話学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

続々 「ひとまとまりの行為や状態」ということ


[お知らせ
☆本年11月中に"The 語彙力" 日常会話必須基本15動詞編や「"The 語彙力" 日常会話必須160動詞編」をご注文された方に特典として以下の電子出版本を 先着30名様に限り無料進呈

また「日常英会話必須基本16動詞HTML版」や「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編」も同様です。

詳細 「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法
-------------

英会話学習と言えば、「役に立つ日常表現」を一文丸暗記するものだとの思い込みがあるようです。しかしセリフ覚えはすぐ忘れるものです。
結婚式などの挨拶は日本語ですが、これをいつまでも覚えている人は少ないと思います。

日常よく使われる動詞に焦点を当てて、その守備範囲、応用範囲を身につけたら、確実に語彙が定着・蓄積します。

着色された動詞フレーズを何度も読んで動詞フレーズのイメージをつかんでください。この場合日本語訳はあくまでも参考なのです。

[今日の学習]

いくら英会話学習を続けても、なかなか自由な会話ができない。

意味あるワンフレーズ表現をどのようにして展開していけるか、これが絶対に欠かせないことばとしての学習です。

「英会話発想トレーニング」
1. 私は、(ふだん)刺身を食べています。
  → I eat sliced raw fish.

2. 私は、(今)刺身を食べています。
  → I am eating sliced raw fish.

3. 私は、刺身を食べるのが好きです。
  → I like eating sliced raw fish.

4. 私は、刺身を食べたい。
  → I want to eat sliced raw fish.

このように動詞フレーズをひとまとまりのものとしてとらえる学習をするから、このeat sliced raw fishが他の動詞フレーズに変わってもどんどん英作をこなせるし、しかも英語をことばとしておぼえていくことができるのです。

以下は私が2003年に著した本からの記事の転載です。

  「ムリなく話せる イメトレ英語学習法」日本実業出版社
   中嶋太一郎著

ちなみにこの本は絶版となっていますが、一時は中古本市場(アマゾン)で5,000円以上の値段で売買されていたことがあり、これは私のちょっとした自慢です。原価は1,600円でした。

また自慢ついでに言えば、私が今まで書いた本の内、4冊が韓国や台湾で翻訳され、販売されていたことです。

Coffee Room
  7. 「ボックス型」思考のワナ


Kenny: 中嶋さん、よく生徒たちが、構文といったことばを使っていますが、これは何のことですか?

中嶋: 日本の英語教育というは、基本的に「文法、構文、熟語、単語をキー(手がかり)として、英文を読解する」というものなんだ。英会話教育が大切だなどと言われているが、なんだかんだと言ってもこれがわが国の英語教育の主流だ。

その内、構文主義というのは、一定のしくみを持ち共通するパターンの文に注目したものだ。一種の読解のためのパターンプラクティスというもので、わが国の伝統的訳読法の手法の一つだ。

この学習法では定規のような役目をする構文をいくつ覚えるかがポイントになって、多く覚えたものが勝ちとなる。これを覚えていたら、すぐに英文を日本語に転換できるからね、そこで高校や大学入試のための必修500構文、TOEIC試験のための必修300構文、あるいはなぜか日常会話必修構文200などのタイトルの本が本屋に並ぶことになる。

ところがこのこの構文主義には大きな欠陥があることにみんな気づいていない。それは「ボックス型思考」に陥ってしまうということなんだ。

Kenny: 「ボックス型思考」って、何なの?

中嶋: 英文は書かれた順、あるいは話された順に意味をとらえていく必要があるのは当たり前だろう。また逆に自分が話す場合でもまったく同じだ。それなのに、まず構文を思い浮かべてその中の単語を入れ換えて話そうとしたのでは、英語は自由に話せない。

Kenny: そうか、だから生徒たちが何かを話そうとする場合、何かもぐもぐ言ってから、話そうとするんだね。これは構文を思い浮かべ、単語を入れ換える作業をしてるんだね。

中嶋:たとえば、英文を読んだり耳にする場合、He is tryingとなっていたら、「ああ、彼は試みて(トライして)いるんだ」とまず理解し、次に「何を?」とらえようとするのが当たり前のことだよ。しかしそれを最後まで読んだり聞いてから、「ああ、これはbe trying to+不定詞か」と解明して意味をとらえるのは遅すぎるし、それは日本語の発想で英語をとらえようとしていることだ。

  He is trying to eat sliced raw fish.
  彼は〜しようとしている 刺身を食べること

Kenny: そもそも「to+動詞の原形が、to不定詞だ」と理解してそれがどれだけ役に立つか、私にはわからないよ。つまりtry to+不定詞の構文というのは、書かれた英文を読解するための手段なんだね。

中嶋:その手段を「英語を話す」という場面に使おうとするわけだよ。
この場合、大切なのはeat sliced raw fish という動詞フレーズをイメージとして頭に思い浮かべ、まずHe is trying toと口に出し、eat sliced raw fishを続けることなんだ。この英語の発想をどのようにして身につけるか、これが英会話学習なんだ。もちろんこの本がそれを意図して書こうとしてるんだけどね。

例えば、外国の人に刺身を勧める場合、まずは (1) のような、動詞フレーズだけの直接的な表現ができるのが基本だ。それを元にして、(2) 以下の場面や状況に応じた表現を身につけていくステップが大切だと思うよ。

  (1) Eat sliced raw fish. 刺身を食べなさいよ
  (2) Try to eat sliced raw fish. 食べてみなさいよ
  (3) Did you eat sliced raw fish? 食べましたか?
  (4) Have you ever eaten sliced raw fish? 食べたことがありますか?
  (5) Will you eat sliced raw fish? 食べてみませんか?
  (6) Will you try to eat sliced raw fish?  食べてみたら?
  (7) Did you try to eat sliced raw fish? 食べてみた?
  (8 You should try to eat sliced raw fish. 食べようとすべきだよ

いつも指摘しているように黒色に表記されたファンクションフレーズと赤色などで表記された動詞・補語フレーズを別個にとらえ、それを覚えていく、これがファンクションメソッドなのです。

[受講生の方に]
他の文例を引き続きご覧ください。

[お知らせ
ファンクションメソッド英語研究会では以下のような動詞フレーズに特化した教材を販売しています。

ぜひ、サンブルをご覧ください。PDFです。

実際に使える語彙力を増す
The English Vocabulary  Build up your vocabulary!

"The 語彙力" 日常会話必須基本15動詞編PDF版  CD-ROM1枚(郵送)またはダウンロード
13,090動詞フレーズ所収 297ページ(A4版)

  getの動詞フレーズ

PDF版  CD-ROM1枚(郵送)またはダウンロード
"The 語彙力" 日常会話必須160動詞編

応用160動詞編 約15,000動詞フレーズ所収 450ページ(A4版)

  likeの動詞フレーズ
  wantの動詞フレーズ
  preferの動詞フレーズ

   詳細とご注文

お知らせ

このブログは、以下の教材をご購入いただいた方へのサポートブログにもなっています。

「日常英会話必須基本16動詞HTML版」では、クリック一つで対照学習が可能となり、自然に語彙が増加していきます。また動詞を相互に比較して覚えることができます。
ことばというものは、関連させて比較することで確実に自分のものにできます。
  所収全1589の文例にネイティブの音声付き

また「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編PDF版」は、A4用紙を選びプリンターの設定で、「レイアウト」を選び「ページ数/枚」を2にしてください。見やすくなりますよ。(サンプルも同じです)

全1589の文例に挑戦してください。英語など簡単に話せますよ。

 「たった16の動詞で英語が話せる」オンライン講座受講生募集中!

受講生と言っても特別な申し込みは必要ございません。
教材を購入された方に,ご希望をお聞きすることになっています。
IDとPasswordはその時にお知らせします。


お知らせしたIDとpasswordで「オンライン通信講座受講者用ページ」にお入りください。

  Today's Lesson keep on trying「やり続ける」

表題「keep on trying」

【一般動詞フレーズ系列のファンクションフレーズ】
一般動詞ファンクションフレーズ
【一般動詞フレーズ5段活用】
=============================
(1) keep(s) on trying  現在形動詞フレーズ 
(2) kept on trying  過去形動詞フレーズ 
(3) keep on trying  原形動詞フレーズ
(4) keeping on trying  ing形動詞フレーズ
※進行形はなし、動名詞で使われる。
(5) kept on trying  ed形動詞フレーズ  
※完了形で使われる。
=============================
  You should keep on trying.
  あなたは、やり続けるべきだよ

ファンクションメソッド英語研究会発行の電子出版本
●「速修一週間英語脳構築プログラム」PDF版1,200円(税込)
●「ムリなく話せるイメトレ英語学習法」 PDF版 Audio CD1枚付1,300円(税込)

●「たった16の動詞で英語が話せる瞬間英作トレーニング」 PDF版800円(税込)
●「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法」 PDF版800円(税込)

●「ファンクションメソッド英会話独習テキスト」 PDF版900円(税込)
●「一週間に心にしみこむイディオム」 PDF版800円(税込)
オンライン通信講座受講者用ページ
スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【3】誰も教えなかった英会話学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする