2017年04月05日

日常英会話必須基本16動詞 動詞sayでこれだけ話せる その2





【研究会からのお知らせ】

ファンクションメソッド英語研究会のホームベージをリニュウアルに伴い以下の2つの動画をアップしました
ファンクションメソッドの誕生」と「5倍返しの英会話語彙力増強学習

 ファンクションメソッド英語研究会のホームベージ

【sayの動詞フレーズ】

sayの動詞フレーズのパターンは以下の通りです。学習はこの順に進んでいきます。当教材ではこのsayの動詞フレーズだけで,合計83の文例が所収されています。

【解説】
sayのごく普通の意味は、自分の欲求や意見、情報を「言う」ことだが、それはかならずしも口から音声として発する行為に限定されない。また主体が常に人であるとは限らないということが大切だ。sayは単に、「言う」よりもずっと広い意味で使われることばである。
■新聞が「言う」こともある!

  The newspaper says May will be a warm month.
  新聞によると、5月は暖かくなるそうです

この場合、「新聞によると」といった日本の訳となる。

[VO感覚] say+名詞(目的語)
【POINT】
say +名詞(目的語)の動詞フレーズ。
基本的には、「ことばで事実、考えなどを言い表す」という意味だ。
ただし、(掲示、本、新聞)などに「書いてある」といった意味もある。

(28) 何でも言いたいことを言いなさい
(29) 考えていることを言いなさい
(30) 何がしたいか言ってごらん!
(31) 時計は7時半をさしている
など、当教材にはこのパターンのフレーズは31所収されています。

【瞬間英作トレーニング】
(1) 「どうか塩を取ってください」と言いなさい!
     say "Pass me the salt, please!
(2) あなたは「失礼します」と言うべきです
● You should+原形動詞フレーズ 「あなたは〜すべきです」
     say "Excuse me"
(3) 「どうか塩を取ってください」と言ってはど
うですか?
● Why don't you +原形動詞フレーズ?「〜してはどうですか?」
     say "Pass me the salt, please
(4) 私は彼らに「おはよう」と言いたい
● I want to +原形動詞フレーズ 「私は〜したい」
     say 'thank you' to them
(5) 「日本語でThank you 」を言えません
● It is hard to+原形動詞フレーズ 「〜することができません」
     say "Thank you" in Japanese


【解答】
(1) Say "Pass me the salt, please!"
(2) You should say "Excuse me" .
(3) Why don't you say "Pass me the salt, pleas
e."?
(4) I want to say 'thank you' to them.
(5) It is hard to say "Thank you" in Japanese.

  以上の記事は「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編 PDF版」から引用しています.


   日常会話必須基本16動詞編
      HTML版サンプル

   日常会話必須基本16動詞編
      HTML版動詞フレーズ感覚別表現サンプル
      「日常会話必須基本16動詞編HTML版」に含まれています。


   Real Player

当教材はHTMLによって製作されており,お持ちのプラウザ(Safari, Chrome, MSIE, Firefox, Netscape, Opera,など)で使用できます。さらにReal Playerでも使用していただけます。
ダウンロードしていた教材サンプルのフォルダにある「INDEX.html」にマウスを当て,PCの「ファイルを開く」から「このプラウザで開く」でReal Playerを選択してください。
但し、フォルダにあるindex.htmlは本編のもの、index-2.htmlは「感覚別表現」です。

スポンサードリンク




[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ

ファンクションメソッド英語研究会

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート


スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動詞sayでこれだけ話せる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

日常英会話必須基本16動詞 動詞sayでこれだけ話せる その1



【当研究会からのお知らせ】

 ホームベージのリニュウアルをほぼ終えました.多くのU-Tubeの動画がご覧いただけます.ぜひご訪問ください
  ファンクションメソッド英語研究会ホームベージ 


【sayの動詞フレーズ】

今回からはsayの動詞フレーズに移ります。
sayの動詞フレーズのパターンは以下の通りです。学習はこの順に進んでいきます。当教材ではこのsayの動詞フレーズだけで,合計83の文例が所収されています。

【解説】
sayのごく普通の意味は、自分の欲求や意見、情報を「言う」ことだが、それはかならずしも口から音声として発する行為に限定されない。また主体が常に人であるとは限らないということが大切だ。sayは単に、「言う」よりもずっと広い意味で使われることばである。

■新聞が「言う」こともある!

  The newspaper says May will be a warm month.
  新聞によると、5月は暖かくなるそうです

この場合、「新聞によると」といった日本の訳となる。

[V感覚] say+(副詞)
【POINT】

say+(副詞)の動詞フレーズです。
sayは、「ことばを発する」、つまり「言う」という意味を表す一般的な動詞だが、(21)~(25)にあるように、「〜と書かれている」「〜と書いてある」といった意味もある。

  Many history books says. 
  歴史の本に書いてあるよ

【瞬間英作トレーニング】
(1) 何て言ってるの!
* ただし、whatは目的語です。
    say
(2) 呼びかけで ねえ,おい,ちょっと、もし! おい、君!
     say
(3) 彼女はまだ30歳前だと思うよ
* I would sayは、「言ってみれば」「言うならば」の意味。
     say
(4) 3時頃はどうかなぁ
      say


【解答】
(1) What do you say?
(2) I say!
(3) She is under thirty, I would say.
(4) Let's say, around 3 o'clock.

  以上の記事は「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編 PDF版」から引用しています

   日常会話必須基本16動詞編
      HTML版サンプル

   日常会話必須基本16動詞編
      HTML版動詞フレーズ感覚別表現サンプル
      「日常会話必須基本16動詞編HTML版」に含まれています。

   Real Player

当教材はHTMLによって製作されており,お持ちのプラウザ(Safari, Chrome, MSIE, Firefox, Netscape, Opera,など)で使用できます。さらにReal Playerでも使用していただけます。
ダウンロードしていた教材サンプルのフォルダにある「INDEX.html」にマウスを当て,PCの「ファイルを開く」から「このプラウザで開く」でReal Playerを選択してください。
但し、フォルダにあるindex.htmlは本編のもの、index-2.htmlは「感覚別表現」です。

  日常会話必須基本16動詞編HTML版サンプル

[英語脳構築プログラム] 省略

  U-tube 電子書籍「即修一週間英語脳 構築プログラム」 プロモーション

○新副教材「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継 動画」について

オンライン講座をさらに充実させるために3つ目の副教材(音声付き解説全15時間動画)
すべの動画はU-Tubeの限定公開にて閲覧できます。

オンライン受講の方にはすべての動画を公開としています。

 https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/edit/input?id=97715971


教材「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継 動画」は以下の教材を購入された方に閲覧していただけます。


 ◉ ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料)
 ◉ 日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 ◉ 日常英会話必須基本16動詞(HTML版)
 ◉ ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 ◉ コミニカ中学英語 Aセット
 ◉ コミニカ中学英語団体使用
 ◉ コミニカ中学英語Bセット
 ◉ ENGLISH-TREKKING教材」Vol.1〜Vol.5
 ◉ 英語の九九 英会話発想トレーニング HTML版
 ◉ ファンクションメソッド英語・英会話独習テキストHTML版

スポンサードリンク




[当研究会からのお知らせ]

当研究会からのお知らせ

ファンクションメソッド英語研究会

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート


スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動詞sayでこれだけ話せる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

日常英会話必須基本16動詞 動詞sendでこれだけ話せる その3





【どうして日本人は英語を話せないのか?】

4月となると、塾や予備校のコマーシャルがあふれている.その中で、「神授業」なる予備校教師の授業風景があった
 on the wall
 on the
ceiling
彼によると、このonは「くっついている」という意味だという。コマーシャルはここまでだが、これが
神授業」なのだそうだ。
彼の名誉のために憶測で記事を書くことは控えたいが、私にはこの説明は以下のように続くと想像する。ちなみに日本の英語教育の説明はこのようなものだ。
  There is a picture on the wall. 
絵がかかっている
  There is a fly on the ceiling.  ハエがとまっている
彼にしてみれば、onは「
くっついている」いう意味だから、「意訳」しなさいということになる。
その前に、どうしてbe動詞の意味を「です、いる」と固定的に教えたのだと言いたい
一方、これが
神授業」なら、私は「授業」ということになるかも。ちなみにこの「授業」が始まったのは1989年の頃だが製作した「コミニカ中学英語基礎編」という教材には、onの本質的な意味は「密着・継続」と説明している。「継続」を加えた理由は簡単だ。いずれ学年が進めば以下のような表現が登場するからだ。大切なことは、前置詞だ、方位副詞だ、などと言うの前に、言葉としてその意味をとらえる必要がある
  A typhoon is coming on.  台風がやってこようとしている
  What is going on?  何が起きているのか?
  keep on about his job   仕事のことについてしゃべり続ける

  put on my new dress 新しいドレスを着る
 try on my new dress 新しいドレスを着てみる


オンライン講座専用ページに続く

【当研究会からのお知らせ】
 ホームベージのリニュウアルをほぼ終えました.多くのU-Tubeの動画がご覧いただけます.ぜひご訪問ください
  ファンクションメソッド英語研究会ホームベージ  

【sendの動詞フレーズ】

sendの動詞フレーズのパターンは以下の通りです。学習はこの順に進んでいきます。当教材ではこのsendの動詞フレーズだけで,合計46の文例が所収されています。

【解説】
この語のroot senseは、「自分が移動しないで、物や人を行かせる」、つまり「人や物を送り出す」ということだ。多くの人が、「送る」と覚えているが、同じ「送る」でも、次の例文のようにsendを使えないことがあるので注意してください。

  I'll take her back home.
  私は彼女を家に送ります
  I'll see her home.
  私は彼女を家に送ります

従って、次の文は「自分も一緒に行って送る」という意味にはならない。

  I'll send her home.
  私は彼女を家に送ります

おわかりのようにこれでは、「彼女を家に送る」といっても、自分も一緒に行って送るということにはならず、例えば、「パックで送る」ということにもなってしまう。

[TWO-WORD] 動詞のフレーズ send
【POINT】

========================
send away  KEY WORD「離脱状態」
「あちらにやる」「暇を出す」
========================
send back  KEY WORD「後退」
「送り返す」
========================
send down  KEY WORD「下方」
be sent down 「停学させられる」
========================
send for KEY WORD「対象・目的」
「人を呼ぶ、人に来てもらう」
「〜を注文する、送るように頼む」
========================

【瞬間英作トレーニング】

(1) 私はすでにその事務員に給料を支払って、暇を出した
● I have already +ed形動詞フレーズ 「私はもう〜した」完了
* pay 人 off 「人に給料を払う」
     sent her away
(2) 手紙はすべて送り返されてきた
     be sent back
(3) 下に頼んでコーヒーをもっと持ってきてもらいます
     send down to the kitchen
(5) 医者を呼んでください、けが人がいるのです
* be hurt / get hurt「怪我をする」
     send for a doctor

【解答】
(1) I have already paid his clerk off and sent her away.
(2) All the letters were sent back. 
(3) I'll send down to the kitchen for some more coffee.  
(5) Please send for a doctor; a man has been hurt.

sendのTwo Word Verbsには他に以下のようなものがあります。
当教材には22文例が所収されています。
---------------
send home homeの基本的な意味 「家に」
「家まで送る」
---------------
send in inの基本的な意味 「範囲内」
「提出する、申し込む」
---------------
send off offの基本的な意味 「急速離脱・中断」
「見送る」
---------------
send on onの基本的な意味 「密着・継続」
---------------
send out outの基本的な意味 「範囲外」
「〜を発送する」「臭いなどを放つ」
---------------
send over overの基本的な意味 「覆う」
「(人のいるところへ)送る、(人を)行かせる」
---------------
send up upの基本的な意味 「上方・なし遂げ」
「〜を上げる」
---------------
  以上の記事は「サクサク瞬間英作トレーニング16動詞編 PDF版」から引用しています

   日常会話必須基本16動詞編
      HTML版サンプル

   日常会話必須基本16動詞編
      HTML版動詞フレーズ感覚別表現サンプル
      「日常会話必須基本16動詞編HTML版」に含まれています。

   Real Player

当教材はHTMLによって製作されており,お持ちのプラウザ(Safari, Chrome, MSIE, Firefox, Netscape, Opera,など)で使用できます。さらにReal Playerでも使用していただけます。
ダウンロードしていた教材サンプルのフォルダにある「INDEX.html」にマウスを当て,PCの「ファイルを開く」から「このプラウザで開く」でReal Playerを選択してください。
但し、フォルダにあるindex.htmlは本編のもの、index-2.htmlは「感覚別表現」です。

  日常会話必須基本16動詞編HTML版サンプル

[英語脳構築プログラム] 省略

  U-tube 電子書籍「即修一週間英語脳 構築プログラム」 プロモーション

○新副教材「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継 動画」について

オンライン講座をさらに充実させるために3つ目の副教材(音声付き解説全15時間動画)
すべの動画はU-Tubeの限定公開にて閲覧できます。

オンライン受講の方にはすべての動画を公開としています。

 https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/edit/input?id=97715971


教材「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継 動画」は以下の教材を購入された方に閲覧していただけます。


 ◉ ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座(登録料)
 ◉ 日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 ◉ 日常英会話必須基本16動詞(HTML版)
 ◉ ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 ◉ コミニカ中学英語 Aセット
 ◉ コミニカ中学英語団体使用
 ◉ コミニカ中学英語Bセット
 ◉ ENGLISH-TREKKING教材」Vol.1〜Vol.5
 ◉ 英語の九九 英会話発想トレーニング HTML版
 ◉ ファンクションメソッド英語・英会話独習テキストHTML版

スポンサードリンク



[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ

ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート

スポンサードリンク
posted by ファンクションメソッド at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動詞sendでこれだけ話せる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする